(書籍紹介)菅俊一「観察の練習」

良い写真を撮るなぁ、って人は題材の見つけ方がとても上手という印象がある。そして一緒に同じ場所を巡っていても、全くの別物になる場合もある。持って生まれたセンス、と言ってしまうと救いはないので(実際ないかも知れないけど)、何とか着眼点のヒントを得られればなぁ…と思って購入した。

この本の結論は本の帯に記されているのだけれど、「小さな違和感」を大切にすること。いつもと違うものはないか、見過ごさない注意力を持てるかどうか。そして、人に自らが抱いた違和感を伝えるだけの技量があるかどうか。

もちろん、違和感を感じた場合に素早く撮影できるようにカメラを肌身離さず持ち歩くことも大事なのだけど、重量が嵩むとちょっと億劫になりがち。この辺はスマホでもよいのかもしれない。昔だったらコンパクトカメラってことになるのだろうが。とにかく、違和感を見過ごさず記録することが大事。

ちなみにデザインを生業とする方らしく、本文も色々と工夫がされている。文章がグルグルとぐろを巻いていたり、新聞記事っぽく表現されていたり。写真と、それを説明する文章が一体となってデザインを構成している。書店で一目ぼれして購入した本だが、買っただけの価値はあったな、と個人的には思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください