写真撮影(桜木町駅周辺)

少しばかり残業を済ませたのち、再び横浜ランドマークタワーに行ってきました。夜景を撮影するためです。平日だと人も少ないだろうし…という算段です。実際少なかったですけどね。機能と同じ撮影機材を持って挑みました。昨日好きだった構図と結果的に変わりません。遠方は霞がかってて、ちょっと撮影に難あり。

思った以上に大変だったのが、室内の映り込みが多かったこと。偏光フィルター持参しなかったことを後悔しました。または情報としてよく耳にする黒い布(実行には勇気要りそうです)。

あとは桜木町駅前をウロウロして気になったものを撮影。仕事帰り且つお腹も空いていたので、適当に切り上げて終了。反対側の野毛方面もちょっと気にはなりますが、また今度。

仕事帰りの夜景撮影というのも、やろうと思えばできるものですね。近場限定で範囲限定されますけど。今後はまた何か考えたいと思います。

(書籍紹介)菅俊一「観察の練習」

良い写真を撮るなぁ、って人は題材の見つけ方がとても上手という印象がある。そして一緒に同じ場所を巡っていても、全くの別物になる場合もある。持って生まれたセンス、と言ってしまうと救いはないので(実際ないかも知れないけど)、何とか着眼点のヒントを得られればなぁ…と思って購入した。

この本の結論は本の帯に記されているのだけれど、「小さな違和感」を大切にすること。いつもと違うものはないか、見過ごさない注意力を持てるかどうか。そして、人に自らが抱いた違和感を伝えるだけの技量があるかどうか。

もちろん、違和感を感じた場合に素早く撮影できるようにカメラを肌身離さず持ち歩くことも大事なのだけど、重量が嵩むとちょっと億劫になりがち。この辺はスマホでもよいのかもしれない。昔だったらコンパクトカメラってことになるのだろうが。とにかく、違和感を見過ごさず記録することが大事。

ちなみにデザインを生業とする方らしく、本文も色々と工夫がされている。文章がグルグルとぐろを巻いていたり、新聞記事っぽく表現されていたり。写真と、それを説明する文章が一体となってデザインを構成している。書店で一目ぼれして購入した本だが、買っただけの価値はあったな、と個人的には思っています。

写真撮影(等々力渓谷→ランドマークタワー)

本日は写真を撮りに等々力渓谷に行ってきました。都内の渓谷とのことで若干興味があったからです。Twitterで調べてみると、お休みのタイミングでモデルさんの撮影会が行われている場所のようでもありますが。本日使用した機材は以下の通りです。

  • 本 体:OLYMPUS OM-D E-M10
  • レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

持ち歩くレンズ本数をセーブできるため、最近はこの高倍率ズームに頼りきりです。レンズ性能にカメラ本体が負けている気がしないわけではないです。しかしながら、換算24㎜~200㎜、本体内部機能のデジタルテレコンを利用すれば400㎜相当になります。幅広く対応できてとても便利です。

さて、今回のテーマですがいろいろ悩んだ末、モノクロ撮影にしました。今回は曇りであるということと、雨の影響か等々力渓谷の水が茶色く濁って水量も多かったからです。ちょっとローキー気味に設定して撮った結果がこちら。

この後、急激に雨が降ってきたのですが雨宿りするところもなくずぶ濡れに。一応、三段の折り畳み傘を持っていましたが、まるで役に立ちませんでした。

その後、横浜のランドマークタワーに移動して69階の展望台へ。途中、みなとみらい駅の壁の赤青の壁が面白かったので思わず撮りました。

本日は曇りだったので展望台もガラガラ。エレベーターガールと1対1で説明を受けたときはとても困りましたが…。普通に撮っても…と思ったので、今回はジオラマでの撮影に挑戦。やってみるととても面白いもので、よく見る施設などを中心に夢中で撮影してました。ガラガラなので撮り放題、お子様も少ないのでガラスの指紋付着も少なく、環境良好でした。青空がなかったことを除けば…

夜景まで粘ろうかとも思いましたが、先のスコールで靴の中がずぶ濡れで気持ち悪かったこともあり、日没を待たずして撤退。次は夜景を撮りに訪れたいものです。