漢代の州従事について(厳耕望氏の著作より)

昨日、Skypeでむじんさんやにゃもさんと話をしていて、州従事について言及があった。その際、私はこの役職がどのような役割を負っているのか具体的なところを掴んでいなかったため、その概要について厳耕望『中国地方行政制度史―秦漢地方行政制度』(上海古籍出版社)の州従事の項目を調べて見た。すると、凡そ以下のような仕組みになっていたことが判明する。本当はせめて手持ちの文献である大庭脩氏や王勇華氏、小嶋茂稔氏の著作を参照した上で言及する必要があるのだろうが、今回はとりあえず割愛する。

漢代で州従事に言及するのは前漢の宣帝の時代。ただし、このときの従事は州刺史に同行する意味の一般動詞であって、固有の官職を意味してはいない。州従事が正式な官職として登場するのはそれよりも更に時代が下った元帝期であり、その秩禄は百石(刺史は六百石)である。州従事には部下がおり、これを假佐(書佐)という。

州の官吏の筆頭は別駕従事史であり、元々、州刺史と駕を別にして同行したことに由来する。特に後漢末になると州刺史・州牧に就いた群雄が「股肱」「謀主」として招聘することになる。一方、主簿は州内における地位が非常に低いのであるが、州刺史に関する事務及び州の文章を管轄しているため、州刺史の個人秘書とか側近のような性質を持つ。また、主簿は假佐の筆頭でもある。

治中従事史は州の官吏の任用や州内の綱紀を司り、ちょうど郡県の功曹に相当する。書佐は治中従事史の職務をサポートする。司隷校尉部では治中従事史ではなく功曹従事史と称する。

各郡国の監察に派遣されるのが部郡国従事史であり、假佐は典郡書佐という。郡国における文書管理と監察業務がその任務であるが、文書管理は典郡書佐に委任され、部郡国従事史は郡国の監察業務を主に担当する。その権限は非常に大きく、郡県の官吏・守相の悪行を見つけると上奏して罷免したり、下獄の措置を執る。郡レベルで言えば、督郵がその職務に相当する。

他、師友従事や従事祭酒の名前も史書に散見されるが、これらは「栄誉散員」とあり、恐らく名誉職や顧問職のようなものなのだろう。

主要な箇所としてはこのような感じだが、後漢末で各群雄が自立し始めると州刺史・州牧の俗吏に司馬や長史などが設置されるようになる。漢代の州従事は秩禄が低いが、権限たるや非常に大きい。今後、史書を読む際の参考にしたいと思う。

班固『白虎通』巻一 爵 (4)

王者太子亦稱士何?舉從下升,以為人無生得貴者,莫不由士起。是以舜時稱為天子,必先試于士。《禮士冠經》曰:「天子之元子,士也。」

今回の段落は非常に短い文章となっている。主題は「王や太子を士と称するのは何ででしょうね?」という疑問である。この文章の注釈で陳立が述べているが、天子や諸侯が後を継いで国のトップに立っていたとしても、爵位を賜わなければ「士」の階級と同列とされたようである。この根拠として陳立は『禮記』王制編や『春秋公羊傳』僖公五年の注釈などを引用している。

ところで天子は爵位であり、爵位を賜わなければその地位にあっても士と同列と見なされるのであれば、果たして天子の爵位を与えるのは誰なんでしょうね?天の意思が天子の爵位を賜る式を何らかの形で執り行っていたんでしょうか。嗚呼、これだから私は儀礼に疎くていけません…

班固『白虎通』巻一 爵 (1)

気力が続くうちに新しい記事を。
モチベーションが無くなると一気に更新ペース落ちますからね。
(2ヶ月に1回更新ペースとか…)

以前やっていたブログでも取り上げた『白虎通』ですが、この書物は漢代の制度や考え方について興味深い記述をしています。

そもそも『白虎通』はどうして編纂されたのか復習いたしますと、後漢初期、儒学には大きく分けて古文学派と今文学派に分かれておりました。その為、章帝の頃に制度・文化的な問題を議論するために学者・官僚が白虎観に集いました。この結果は『漢書』の著者でもある班固によって纏められ、『白虎通』となりました。『白虎議奏』『白虎通徳論』『白虎通義』とも称しますが、いずれも同じ書物です。

今回は清代の陳立によって校釈された『白虎通疏証』をベースに本文を紹介していきます。

天子者,爵稱也。爵所以稱天子者何?王者父天母地,為天之子也。故《援神契》曰:「天覆地載謂之天子,上法斗極。」《鉤命決》曰:「天子,爵稱也。」帝王之紱有優劣,所以俱稱天子者何?以其俱命於天,而王治五千里內也。《尚書》曰:「天子作民父母,以為天下王。」何以知帝亦稱天子也,以法天下也?《中候》曰:「天子臣放勳。」《書亡逸篇》曰:「厥兆天子爵。」何以言皇亦稱天子也?以其言天覆地載,俱王天下也。故《易》曰:「伏羲氏之王天下也。」

ここは「天子」という呼称が爵号である、と言及している段落です。この本文に対する注釈は色々ありますが、簡略して云えば、天下を治め民の頂点に立つ聖人に与えられる称号、と解釈すべきでしょうか。尚、この段落の出典は今文学の書籍が中心となっています。

崔寔『政論』

 司馬光『資治通鑑』巻五十八の漢紀四十五に掲載されている崔寔の『政論』。この当時(元嘉元年)は梁冀が権勢をほしいままにし、一方で京師で旱魃や地震が発生したり、匈奴や武陵蛮が反乱を起こすなど内憂外患の様相を呈しておりました。その際に以下のような文章を著して当時の世相を批判しています。尚、同様の文章は范曄『後漢書』崔寔伝、袁宏『後漢紀』孝皇桓帝紀上にも掲載されておりますが、いずれも引用内容は微妙に異なります。分量からして『後漢書』が正しいのかもしれませんが、その辺りは厳密な検証をしていないので何とも言えません。

 凡天下所以不治者,常由人主承平日久,俗漸敝而不悟,政浸衰而不改,習亂安危,怢不自睹。或荒耽耆欲,不恤萬機;或耳蔽箴誨,厭偽忽真;或猶豫歧路,莫適所以;或見信之佐,括囊守祿;或疏遠之臣,言以賤廢。是以王綱縱弛於上,智士郁伊于下。悲夫!自漢興以來,三百五十餘歲矣,政令垢玩,上下怠懈,百姓囂然,鹹復思中興之救矣!且濟時拯世之術,在於補衣定決壞,枝拄邪傾,隨形裁割,要措斯世於安寧之域而已。故聖人執權,遭時定制,步驟之差,各有雲設,不強人以不能,背急切而慕所聞也。蓋孔子對葉公以來遠,哀公以臨人,景公以節禮,非其不同,所急異務也。俗人拘文牽占,不達權制,奇偉所聞,簡忽所見,烏可與論國家之大事哉!故言事者雖合聖德,輒見掎奪。何者?其頑士暗於時權,安習所見,不知樂成,況可慮始,苟雲率由舊章而已。其達者或矜名妒能,恥策非己,舞筆奮辭以破其義。寡不勝眾,遂見擯棄,雖稷、契復存,猶將困焉。斯賢智之論所以常憤郁而不伸者也。
 凡為天下者,自非上德,嚴之則治,寛之則亂。何以明其然也?近孝宣皇帝明於君人之道,審於為政之理,故嚴刑峻法,破奸軌之膽,海內清肅,天下密如,逄計見效,優於孝文。及元帝即位,多行寬政,卒以墮損,威權始奪,遂為漢室基禍之主。政道得失,於斯可鑒。昔孔子作《春秋》,褒齊桓,懿晉文,歎管仲之功,夫豈不美文、武之道哉?誠達權救敝之理也。故聖人能與世推移,而俗士苦不知變,以為結繩之約,可復治亂秦之緒;干戚之舞,足以解平城之圍。夫熊經鳥伸,雖延歷之術,非傷寒之理;呼吸吐納,雖度紀之道,非續骨之膏。蓋為國之法,有似治身,平則致養,疾則攻焉。夫刑罰者,治亂之藥石也;德教者,興平之粱肉也。夫以德教除殘,是以粱肉治疾也;以刑罰治平,是以藥石供養也。方今承百王之敝,值厄運之會,自數世以來,政多恩貸,馭委其轡。馬駘其銜,四牡橫奔,皇路險傾,方將拑勒鞬輈以救之,豈暇鳴和鑾,請節奏哉!昔文帝雖除肉刑,當斬右趾者棄市,笞者往往至死。是文帝以嚴致平,非以寛致平也。

 詳細な解釈は手間がかかるので避けますが、話の流れは(1)現在の政治は綱紀が弛緩しているという旨を批判、(2)政治は「厳」を以て臨むべきであって「寛」であっては政治が乱れることを述べています。そして文帝の法に厳たる治世を手本とする一方、元帝の寛を基調とする政治が漢室の災いになっていると指摘しています。つまり崔寔は前漢の事例を引用することで梁冀批判を展開したわけです。

 ところが批判された当の梁冀は崔寔を自らの府に辟召します。最初は辞退しますが後に議郎を拝して大将軍司馬に遷り、辺韶、延篤らと『東觀漢記』の編纂に関与します。五原太守に転出した後、一時は梁冀が誅せられた後に門生故吏ということで数年の禁固を余儀なくされますが、基本的に辺縁部の太守を歴任します。建寧年間に死去すると家には殯を斂するだけの余力も無かったようですが、楊賜・袁逢・段熲らによって準備がなされ、袁隗によって碑が建てられます。楊賜は弘農楊氏、袁逢・袁隗は汝南袁氏で共に四世三公の家系、段熲は「涼州三明」とも謳われた勲功赫々たる将軍。崔寔の築き上げた人脈が偲ばれますね。

福井重雅『漢代官吏登用制度の研究』(創文社)

漢代官吏登用制度の研究 (創文社東洋学叢書)

漢代官吏登用制度の研究 (創文社東洋学叢書)

積ん読している書籍を紹介してきます。

最初は『漢代官吏登用制度研究』という研究書。約500ページにわたって前漢後漢の両代にわたっての察挙制度の特質について詳説しています。

誰にどのような権限があって、どのような人物が対象であるか。また秩禄と察挙体制の関係、魏代に成立した九品官人法の影響など、非常に興味深い論考になっています。

人材登用制度について宮崎市定『九品官人法の研究』は必読ですが、同時に本書も余力があれば読んでおくべきかと思います。

日南郡の旧称について

TSさんが、象郡の名前の由来を募集していたので、探してみた。

『漢書』地理志の日南郡の箇所に以下の記述がある。

日南郡,故秦象郡,武帝元鼎六年開,更名。有小水十六,并行三千一百八十里。屬交州。

日南郡は秦の時代は象郡と称したらしい。何故この郡名かというと、『漢書補注』で王先謙が以下の注釈を加えている。

唐志因象山為名山形如象也。

この『唐志』という書物は恐らく『新唐書』か『舊唐書』の志を指すのであろうが、要は「象のような形の山があったから」というのが象郡の名前の由来のようである。

桓寬『鹽鐵論』本議第一 (2)

大夫曰:「匈奴背叛不臣,數為寇暴於邊鄙,備之則勞中國之士,不備則侵盗不止。先帝哀邊人之久患,苦為虜所系獲也,故修障塞。飭烽燧,屯戍以備之。邊用度不足,故興鹽、鐵,設酒榷,置均輸,蕃貨長財,以佐助邊費。今議者欲罷之,内空府庫之藏,外乏執備之用,使備塞乘城之士饑寒於邊,將何以贍之?罷之,不便也。」

大夫とは御史大夫、つまり専売制や均輸制を実施した桑弘羊を指す。前段の文学の士の問題提起を受け、桑弘羊は対匈奴の戦いに多大な資金が必要であり、現在の制度が辺境の防備を維持するために必要不可欠であることを説いている。

尚、「烽燧を飭う」の意味については、『史記』司馬相如伝本文の「聞烽舉燧燔」の部分の注釈、『史記集解』と『史記索隱』がそれぞれ解説をしている。「飭う」は「整える」と同義で、整備するという意味合い。

漢書音義曰:「烽如覆米●,縣著桔槔頭,有寇則舉之。燧,積薪,有寇則燔然之。」
(『史記集解』,●=竹冠に「奥」の字)

「桔槔」とははねつるべのこと。『史記集解』の解説だと、烽ははねつるべの原理を生かした物らしいが、ちょっとイメージがわかない。火は使わないのだろうか。燧は薪を積んでおき、敵襲が来たらその薪を燃やして知らせる仕組み。

熢燧。韋昭 曰:「熢,束草置之長木之端,如挈皋,見敵則燒舉之。燧者,積薪,有難則焚之。熢主晝,燧主夜。」
(『史記索隱』)

「皐を挈えるが如く」をどのように解すれば良いか分からないが、熢は長木の端っこに草を束ねた物を置いておき、敵襲が来たらこれを焼いて挙げるという。松明みたいなものか?ちなみに熢は烽の異体字。一方、燧は『史記集解』とほぼ同じ解説である。熢は昼間、燧は夜間に使用する。

烽燧に関しての話が長くなってしまったが、端的に言えば膨大な軍事費用を賄うために専売・増税措置を採ったのが桑弘羊の経済政策である。

『後漢書』漢陰老父伝

所謂「名無しの権兵衛」が列伝に載っていたので、興味深く読んでみる。たぶん、読んで得られることはない(笑)

漢陰老父者,不知何許人也。桓帝延熹中,幸竟陵,過雲夢,臨沔水,百姓莫不觀者,有老父獨耕不輟。尚書郎南陽張溫異之,使問曰:「人皆來觀,老父獨不輟,何也?」老父笑而不對。溫下道百步,自與言。老父曰:「我野人耳,不達斯語。請問天下亂而立天子邪?理而立天子邪?立天子以父天下邪?役天下以奉天子邪?昔聖王宰世,茅茨采椽,而萬人以寧。今子之君,勞人自縱,逸遊無忌。吾為子羞之,子何忍欲人觀之乎!」溫大慙。問其姓名,不告而去。

 漢陰老父は何許の人か知らざるなり。桓帝延熹中、竟陵に幸し、雲夢を過ぎ、沔水に臨み、百姓観ざる者なくも、老父独り有りて耕すを輟めず*1。尚書郎の南陽の張溫は之を異とし*2、使問うて曰く「人皆来たりて観るに、老父は独り輟めざるは何ぞや?」老父は笑い而して対せず*3。張溫は道を百歩下がり、自ら与に言す。老父曰く「我は野人のみ、斯く語に達せず。請うて天下乱れるを問い而して天子を立つるか?理め*4而して天子を立つるか?天子を立ちて以て天下の父たるか?天下に役して以て天子を奉ずるか?昔聖王宰し世、茅茨采椽*5、而して万人寧するを以てす。今の子の君、人を自ら縦に労り、逸し遊びても忌むこと無し。我は子の為に之を羞とし、子は何ぞ人之を観るを忍か!」張溫大いに慙ず。其の姓名を問うも告げず而して去る。

この次の列伝には「陳留老父」という同じく本貫不明、氏名詳細不明の老人の列伝が続く。共通点は桓帝の頃であって、この漢陰老父は延熹年間、陳留老父は党錮事件直後のエピソードだということである。この列伝そのものに信憑性があるかどうかはわからない。しかしこの列伝をわざわざ配したこと自体、内容を勘案しても、『後漢書』著者の范曄が党錮の禁を発令した宦官勢力に対して反発した表現の一部なのだろう。

*1:桓帝が巡幸してきたので皆が桓帝ご一行に注目したのに、独り桓帝を無視して農耕に励む老人がいました。

*2:皇帝が目の前を通過してもガン無視ですからね…

*3:張溫の使者「皆が皇帝陛下に注目しているのに、貴方は何で独り作業を止めないんですか?」 老人「(笑)」 …というイメージだろうか。

*4:治める、と同義。

*5:茅茨は茅と茨、采椽はクヌギの垂木。韓非子の「堯舜は采椽を刮せず、茅茨は翦せず」が出典。

班固『白虎通』巻一 爵 (3)

公卿大夫者何謂也?內爵稱也。內爵稱公卿大夫何?爵者,盡也,各量其職,盡其才也。公之為言公正無私也。卿之為言章也,章善明理也。大夫之為言大扶,扶進人者也。故《傳》曰:「進賢達能,謂之卿大夫。」《王制》曰:「上大夫卿。」士者,事也。任事之稱也。故《傳》曰:「通古今,辯然否,謂之士。」何以知士非爵?《禮》曰:「四十強而仕。」不言「爵為士」。至五十爵為大夫。何以知卿為爵也。以大夫知卿亦爵也。何以知公為爵也?《春秋傳》曰:「諸侯四〓,諸公六〓。」合而言之,以是知公卿為爵。內爵所以三等何?亦法三光也。所以不變質文何?內者為本,故不改內也。諸侯所以無公爵者,下天子也。故《王制》曰:「上大夫,下大夫,上士,中士,下士,凡五等。」此謂諸侯臣也。大夫但有上下,士有上中下何?明卑者多也。爵皆一字也,大夫獨兩字何?《春秋傳》曰:「大夫無遂事。」以為大夫職在之適四方,受君之法,施之於民,故獨兩字言之。或曰:大夫,爵之下者也。稱大夫,明從大夫以上受下施,皆大自著也。天子之士獨稱元士何?士賤,不得體君之尊,故加元以別於諸侯之士也。《禮經》曰:「士見於大夫,」諸侯之士也。《王制》曰:「王者八十一元士。」天子爵連言天子,諸侯爵不連言王侯何?即言王侯,以王者同稱,為衰弱人替差生篡弒,猶不能為天子也,故連言天子也。或曰:王者天爵,王者不能王諸侯,故不言王侯。諸侯人事自著,故不著也。

ここでは公、卿、大夫、士の階層がが語られる。三国時代でお馴染みの三公、九卿、士大夫の呼び名のことであり、この公・卿・大夫・士を内爵と称する。

公が公正無私を意味することは前段落でも言及しているが、同様に卿は章かにする、大夫は大いに扶ける意味がある。そして少しランクが下がり、士は人に仕える意味がある。尚、天子に仕える士の階級を「元士」というのは、諸侯に仕える士の階級の人間と区別するためとされる。

ちなみに此処の段落では四十代で仕えて士となり、五十歳で爵は大夫に為るという記載がある。この年齢の記載から思い出されるのは、陽嘉元年に左雄が上言した以下の内容である。

雄又上言:「郡國孝廉,古之貢士,出則宰民,宣協風教。若其面牆,則無所施用。孔子曰『四十不惑』,禮稱『強仕』。請自今孝廉年不滿四十,不得察舉,皆先詣公府,諸生試家法,文吏課牋奏,副之端門,練其虛實,以觀異能,以美風俗。有不承科令者,正其罪法。若有茂才異行,自可不拘年齒。」帝從之,於是班下郡國。
(『後漢書』左雄伝)

ここから想像するに、所謂この『白虎通』で指している「士」の階級とは孝廉に推挙された者を指す。言い換えれば、士大夫は孝廉に挙げられ中央で仕える者の階層を指すのではないか、ということである。逆に言えば、孝廉に推挙されていない地方の郡県の官吏は士大夫の階層ではない、ということになる。

そんなわけで、この段落から士大夫の意味が何となく理解できるのである。

班固『白虎通』巻一 爵 (9)

父在稱世子何?繋于君也。父殁稱子某者何?屈于尸柩也。既葬稱小子者,即尊之漸也。踰年稱公者,緣民之心不可一日無君也。緣終始之義,一年不可有二君也。故踰年即位,所以繋民臣之心也。三年然後受爵者,緣孝子之心,未忍安吉也。故《春秋》:「魯僖公三十三年十二月乙巳,薨于小寢。文公元年,春,王正月,公即位。四月丁巳,葬我君僖公。」《韓詩内傳》曰:「諸侯世子三年喪畢,上受爵命于天子。」所以名之為世子何?言欲其世世不絶也。何以知天子之子亦稱世子也?《春秋》曰:「公會王世子于首止。」或曰:天子之子稱太子。《尚書傳》曰:「太子發升王舟。」《中候》曰:「廢考,立發為太子。」明文王時稱太子也。世子三年喪畢,上受爵命于天子何?明爵者天子之所有,臣無自爵之義。童子當受父爵命,使大夫就其國命之,明王者不與童子為禮也。以《春秋》魯成公幼少,與諸侯會,不見公,《經》不以為魯恥,明不與童子為禮也。世子上受爵命,衣士服何?謙不敢自專也。故《詩》曰:「韎韐有赩。」謂世子始行也。

天子諸侯が爵位を襲う場合の儀礼について。ここで「世子」という単語が頻出するが、これは「太子」と同義。古代においては「世」と「太」は互いに通用する関係だったという。それと踰年即位、つまり先代の天子が崩じて次の天子が即位する際、年を改めてから次代が即位する理由を述べている。曰く、一年に二人の君主が存在してはいけないという原則があるためという。そしてその実例を『春秋』の記事に求めている。

また、諸侯は先代が亡くなってから三年の喪が終ってから先代の爵位を継いぐのであって、それまでは子を称するのが通例とする。その理由として、爵位はあくまで天子が諸侯に与えるものであって、決して諸侯自らの所有物ではないからだとする。魯成公四年の『春秋』の記事では鄭伯が亡くなってから間もなく「鄭伯」と記して許の国を討伐していることを記しているが(下記引用部の赤字部分)、これは三年の喪に服さなかったことを非難している意味合いがある、と『春秋公羊傳解詁』の著者である何休は指摘する。

【経】
四年,春,宋公使華元來聘。
三月壬申,鄭伯堅卒。
杞伯來朝。
夏,四月甲寅,臧孫許卒。
公如晉。
葬鄭襄公。
秋,公至自晉。
冬,城鄆。
鄭伯伐許。
(『春秋公羊傳』成公四年)

ただし、この三年の喪に服し終わってから爵位を天子から受けるという行為、この解釈は『春秋公羊傳』文公九年の傳に拠るものだと陳立は注釈で指摘する(下記引用部の赤字部分)。

【経】
九年春,毛伯來求金。

【傳】
毛伯者何?天子之大夫也。何以不稱使?當喪未君也。逾年矣,何以謂之未君?即位矣,而未稱王也。未稱王,何以知其即位?以諸侯之逾年即位,亦知天子之逾年即位也。以天子三年然後稱王,亦知諸侯於其封內三年稱子也。逾年稱公矣,則曷為於其封內三年稱子?緣民臣之心,不可一日無君;緣終始之義,一年不二君,不可曠年無君;緣孝子之心,則三年不忍當也。毛伯來求金,何以書?譏。何譏爾?王者無求,求金非禮也。然則是王者與?曰:非也。非王者則曷為謂之王者?王者無求,曰:是子也。繼文王之體,守文王之法度,文王之法無求而求,故譏之也。
(『春秋公羊傳』文公九年)

これが『春秋左氏傳』の傳は以下のようになり、三年の喪云々ではなく、まだ先代の周王の葬儀が終わっていないことを理由に求めている。必ずしも三年の喪云々というわけではないが、『白虎通』本文では特に言及されていない。

【経】
九年,春,毛伯來求金。

【傳】
毛伯衛來求金,非禮也,不書王命,未葬也。
(『春秋左氏傳』文公九年)

この様に、ここに限らず春秋三伝は互いに解釈が微妙に異なることが少なくない。しかし、この『白虎通』において『春秋左氏傳』の説がさほど有力ではないのは、両漢代において『春秋左氏傳』が隆盛を迎えていなかったからである。『春秋左氏傳』の解釈が経学上有力となるためには、後漢末から魏晋期を待たねばならなかったようである。