福井重雅『漢代官吏登用制度の研究』(創文社)

漢代官吏登用制度の研究 (創文社東洋学叢書)

漢代官吏登用制度の研究 (創文社東洋学叢書)

積ん読している書籍を紹介してきます。

最初は『漢代官吏登用制度研究』という研究書。約500ページにわたって前漢後漢の両代にわたっての察挙制度の特質について詳説しています。

誰にどのような権限があって、どのような人物が対象であるか。また秩禄と察挙体制の関係、魏代に成立した九品官人法の影響など、非常に興味深い論考になっています。

人材登用制度について宮崎市定『九品官人法の研究』は必読ですが、同時に本書も余力があれば読んでおくべきかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です