中級者の名称に関する諸問題

そんな問題がそもそも存在するのかという疑問はさておき、少しだけ今日の日中に話題となった事柄について。

中級者の集いに関するログ

そもそも三国志に関する中級者とか初心者とかに明確な区分は存在しない。もし本当に広く使うのであれば誰かが○○は初心者である、××は中級者である、といったような認定をしなければならない。しかし、今度は誰がそれを認定するのか。その認定者に相応しいのは誰だろうかという話になる。

一番分かり易いのは三国志検定だろうか。だが、これは一部の三国志好きが受験しているだけで、全ての三国志好きが受験しているわけではないし、受験していない人間は三国志好きを名乗ってはいけない、という筋合いの代物でもない。就職に有利になるわけでもない。

一応、私が中級者という用語を用いている時は自分の中で勝手に次のような定義をしている。「正史に興味を持ち始め、How to本には飽き足らなくなってちくま訳正史又は中華書局の原書を読んでいるが、一方で学術論文を寄稿するには至らない知識レベルの階層」この定義は私が勝手に決めたものなので賛否両論はあるだろうが、私の想定する方々は此処に当てはまる人たちである。恐らく大量の人が此処に当てはまるので、本当はもう少し細分化した方が分類法としては適切なのだとは思う。

しかし根本的な問題として昨日の記事でも言及しているとおり、一応は勉強会を兼ねてはいるが、基本的に私の開催するこのオフ会は飲んでしゃべっているだけである。こういう厳密な区分をして何かどうこうするつもりはないし、区別すること自体に意味があるとは思わない。論文投稿をする力量の人が居てもいいし、演義にしか興味がない人が居てもいい。ただ、話題が合うかどうかは別問題である。

次に敷居の問題について。

ある程度の力量を持った人が謙遜していると初心者の敷居が上がるからあまり好ましくない、という意見である。確かに納得は出来るが、一方で「ある程度の実力を持っている」とは一体誰が認定するのかという問題が依然として存在する。明確で誰もが納得できるような基準があればいいが、そのようなものは三国志界隈に存在しない。それに或る一分野において博学でも、そこから少しでも外れると基礎レベルさえ危うい、ということは良くある話。そもそも趣味なので興味がある分野に特化して知識を獲得するのは自然な流れで、誰もが三国時代の文化、政治、宗教等の諸問題に広く通じなければならない、という法はない。そもそも、誰かに認められたくて正史を読んでいるわけではない。

そうなると、自分が初心者であるか上級者であるかは自称とする他はない。その時の自称の尺度は恐らく(1)自分の目標とするレベルを設定し、(2)知識のない段階から目標到達まで数直線上で表し、(3)自分の実力がどの程度の位置にあるのかを見て自称を決める、という段階を踏む。その為、相対的に見れば最初の目標レベルの設定が重要になるのであって、その設定を低く見積もれば容易に自称上級者に到達できるだろうし、逆に汲古書院で専門書を著す大学教授レベルを設定すれば学術論文を1本投稿したところでまだ目指す道のりは迂遠であろう。

結局最初の話に戻ってしまうが、三国志界隈の共通した到達目標がない以上、中級者という呼称にそれほど重要な意味はないし、当然初心者という呼称にも同じく重要な意味はないように思われるのである。

中級者の名称に関する諸問題” への5件のコメント

  1. なるほど… 文中の基準で言うと私も中級者ですね。

    Twitterの三国クラスタは、陳寿の三国志は最低限読んでおりそれプラス三国志集解、後漢書や、他裴松之注で引用されているような書物も網羅している方たちばかりなので、
    三国志しか通しで読んだことがなく、後漢書や晋書は適宜自分で訳しながら…な自分は初級であると思っておりました。

  2. Twitterで見ると初心者かもと思いがちですが、実はそれ以上に大戦やゲームだけでちくま訳正史を読んだことのない三国志好きの方が沢山います。そういった人たちを母集団に巻き込んでの定義なんです。この人たちを母集団から外すと、別の中級者の定義を持ち出さないと行けません。

    それと今の中級者の定義を更に区分するとすれば、漢籍を読む力量があるか否かで分かれると思います。漢籍が読めれば、後は通販で購入するなり、大学図書館で借りるなり、知り合いから全k(自主規制)するなり色々手段はあり、世界が広がりますから。

    漢籍を自ら訳せる時点で、相当な実力者だと思います。個人的には。

  3. 剣道で「守破離」というものを教えてもらったのですが、わかりやすいので僕はよくこれを基準に考えます。

    独自の研究を生むより前の、まだ勉強をしている段階の「守」が初心者にあたるかと思っています。

  4. そうですね。私もそれはあると思います。ただその場合、その母集団を形成するのは「研究者レベルに達することを志向している」方々のみであることが前提だと思います。

    その基準で行けば、私も未だ初心者の域を脱せず…ですね。

  5. 数ヶ月前の記事へのコメントな上に、以下、単なる思い出話っぽくなってますので、返信のお気遣いは特に要りません(もちろん頂けるのは嬉しいです)。
    2006年にとある用事で、数人で三国志ファンのモデル図みたいなのを作って、当初、知識の多い人ほど、頂点に近付くピラミッドモデルみたいなのを想定していたんですが、そのうち知識が多いからって偉い訳ではない、という理由で、「深い」だの「ディープ」だのというイメージから、ピラミッドを逆さにするモデルまで登場していました。
    さらに日を改めて、この「中級者」の話と同じように、「コア層」の定義付けの話に発展し、そのうち、単一のカテゴリー(単一の方向)のままで良いのか否かという議論になりました。

    ・2006年3月11日 プチオフ会 新宿編
    http://cte.main.jp/newsch/article.php/304

    結局、その一年後にその渦中の人からは、ピラミッド、あるいは山が幾つもあって、その裾野が大きく繋がっているモデルを(私だけを相手に)提唱されました。つまり裾野部分では共通して単一のものだと。
    今から考えると、重なり合っているその裾野部分が初心者の領域で、この「中級者」の話では学術の山(東洋史の文献山?)の中腹あたりがそれに該当するのでしょうか。裾野から脱した自覚があれば(あるいは頂きを目指す意志があれば)、どの山でも「中級者」ってことになるのかな、と今、愚考いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です