最近すっかりご無沙汰になっていることについて

  1. Skypeグループ通話形式の漢文訓読会を不定期になりつつあるが、一応は主催している。が、社会人がメインのために中々人が集まらない。皆で同じ箇所を読み合う、というのは不勉強さを思い知らされて冷や汗ものである一方、各自が自宅にある辞書やら史料やらを持ち合ってわいわい騒ぐ楽しい場でもある。できれば今後も継続したいが、果たして需要はあるのだろうか。
  2. 主にTwitter又はSkype仲間と東京横浜近郊に集まって三国志に関して話し合う中級者の集いなるものを主催している。主催していると言っても、適当に呼びかけて飲んで騒ぐだけなのであるが。これも随分とご無沙汰である。もし人が集まるようなら、またやってみたいものである。
  3. 昔ながらのホームページをまた作ろうかな、と性懲りも無く考えている。ただ、既に三国志関係はこれまで数多くのサイトによってやり尽くされた感があり、今更私がやっても継続性に難があるのと、屋上屋を架すことにしかならない懸念がある。また新しい技術(新規格のHTML5)を試すための実験場に終わるのかどうか。

漠然と、今考えていることを此処に記してみた。これらは今後実際にやるかも知れないし、やらないかも知れない。又はこっそりやっているかも知れない。三国志好きは多いようでそうでもないし、別に本格に気合い入れて…ではなくて、もう少し肩の力を抜いて気楽にやりたいから適当な感じになっている。コーディネーターとかプロデューサーになるつもりは更々無いのである。

最近すっかりご無沙汰になっていることについて” への2件のコメント

  1. 問題はやる側なんですよね。
    やる側がいないと成立しない企画ですから、
    聞く方が沢山いてもご要望には応えられないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です