『後漢書』漢陰老父伝

所謂「名無しの権兵衛」が列伝に載っていたので、興味深く読んでみる。たぶん、読んで得られることはない(笑)

漢陰老父者,不知何許人也。桓帝延熹中,幸竟陵,過雲夢,臨沔水,百姓莫不觀者,有老父獨耕不輟。尚書郎南陽張溫異之,使問曰:「人皆來觀,老父獨不輟,何也?」老父笑而不對。溫下道百步,自與言。老父曰:「我野人耳,不達斯語。請問天下亂而立天子邪?理而立天子邪?立天子以父天下邪?役天下以奉天子邪?昔聖王宰世,茅茨采椽,而萬人以寧。今子之君,勞人自縱,逸遊無忌。吾為子羞之,子何忍欲人觀之乎!」溫大慙。問其姓名,不告而去。

 漢陰老父は何許の人か知らざるなり。桓帝延熹中、竟陵に幸し、雲夢を過ぎ、沔水に臨み、百姓観ざる者なくも、老父独り有りて耕すを輟めず*1。尚書郎の南陽の張溫は之を異とし*2、使問うて曰く「人皆来たりて観るに、老父は独り輟めざるは何ぞや?」老父は笑い而して対せず*3。張溫は道を百歩下がり、自ら与に言す。老父曰く「我は野人のみ、斯く語に達せず。請うて天下乱れるを問い而して天子を立つるか?理め*4而して天子を立つるか?天子を立ちて以て天下の父たるか?天下に役して以て天子を奉ずるか?昔聖王宰し世、茅茨采椽*5、而して万人寧するを以てす。今の子の君、人を自ら縦に労り、逸し遊びても忌むこと無し。我は子の為に之を羞とし、子は何ぞ人之を観るを忍か!」張溫大いに慙ず。其の姓名を問うも告げず而して去る。

この次の列伝には「陳留老父」という同じく本貫不明、氏名詳細不明の老人の列伝が続く。共通点は桓帝の頃であって、この漢陰老父は延熹年間、陳留老父は党錮事件直後のエピソードだということである。この列伝そのものに信憑性があるかどうかはわからない。しかしこの列伝をわざわざ配したこと自体、内容を勘案しても、『後漢書』著者の范曄が党錮の禁を発令した宦官勢力に対して反発した表現の一部なのだろう。

*1:桓帝が巡幸してきたので皆が桓帝ご一行に注目したのに、独り桓帝を無視して農耕に励む老人がいました。

*2:皇帝が目の前を通過してもガン無視ですからね…

*3:張溫の使者「皆が皇帝陛下に注目しているのに、貴方は何で独り作業を止めないんですか?」 老人「(笑)」 …というイメージだろうか。

*4:治める、と同義。

*5:茅茨は茅と茨、采椽はクヌギの垂木。韓非子の「堯舜は采椽を刮せず、茅茨は翦せず」が出典。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください