【感想】塚瀬進『マンチュリア史研究ー「満洲」六〇〇年の社会変容』(吉川弘文館)

感想文を長く書くのは少し疲れるので、思いついたことを箇条書きで記していきます。

<興味の背景>

  1. 長らく読書から離れていたため、再開にあたって興味ある話題について本を読もうと考えた。
  2. 若い頃のゲームの影響(大戦略、提督の決断など)で昭和史に興味があり、その中でも満州事変の周辺は詳しく踏み込んだことがないので、この話題に関係する本を読もうと考えた。
  3. そもそも満州とは何か、ということについて何もわからなかったので、Kindleストアで検索したところ、小峰和夫『満洲』(講談社学術文庫)が目に止まり、読んでみることにした。
  4. 読み進む過程で満州という概念が一筋縄でいかないことを感じるとともに、もう少し理解の度合いを深めたいと考えた。また小峰和夫『満洲』(講談社学術文庫)の原本は1991年刊行であり、今から約四半世紀も前になる。当然、四半世紀も経過すれば学術上の進展もあるだろうと考え、直感に従って手頃な学術書を求めることにした。
  5. 神田古書街の南海堂書店にて、タイトルがそのものズバリである塚瀬進『マンチュリア史研究』(吉川弘文館)を発見。定価11,000円に対する販売価格7,500円でお買い得感もあり、手頃な値段かどうかは差し置いて買い求めることにした。決めては参考文献と従来研究のまとめがしっかりしていそうだったこと。この時代の研究領域についてはなんの予備知識もなく、本当の直感であった。

<読書の目的>

  1. 満州に関する研究がどのように行われてきたか、その視座を得ること。
  2. 先に読んだ本の知識をベースとして、最新研究内容に理解をアップデートすること。
  3. 興味対象を拡大しながら、次に読むみたい本を探ること。

<懸念してたこと>

  1. この分野に関する基礎知識が全くない。この点は読み進めながら理解していくしかない。鶏が先か、卵が先か、みたいな議論である。
  2. 地名が出てきても、それがどこを指すかパッとわからない。地図はほしいけど、中国歴史地図集は現在、8冊セットでないと購入できない。

<感想>

  1. 明清期の制度に関する知識を全く欠いているため不安に思ったが、必要最低限の説明は付されていたので意味不明のまま読み進めるようなことはほとんど起きなかったと考える。ただし、曖昧なまま読み進めた項目もいくつかある。これらはおそらく、この本を買い求める人であれば常識のたぐいなのだと思われる(私のような一般人が買うのは想定されていない)。例えば「羈縻衛所」「馬市」「招撫」「京運年例銀」「旗人、旗界、圏地⇔民人、民界、民地」etc…
  2. 当時の経済活動に関する記述に対する理解をすすめる上で、経済学の基礎的な知識が必要とされること(物価や振替決済、兌換紙幣、非兌換紙幣など)。これに加えて流通している貨幣が時代、地域ごとにバラバラで理解が簡単に追いつかない。
  3. そもそも清朝の旗民分治制とは何か。旗人=世襲制の軍人階級という理解で良いか。しかしながら、非兵士の旗人も清朝末期には多く居たとされ、結局、本書を読んでもはっきりとした理解を得ることはできなかった。もっとも、これだけで独立した研究テーマとなる代物である。現在進行形で研究が進んでいるのであろう。
  4. 満州国に対する見方が広まった。日本と満州の商習慣的な違いからくる、日本主体の統治の困難性。日本の経験に基づく施策は、村民末端まで浸透することはなかったとしている。また重化学工業に対する投資により、一部では企業城下町を形成したが、それは満州国内一般の事象ではなく、特定の地域で見られた現象だとしていた。満州国の政経関係はもう少し調べてみたい。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です