【再読】M.J.アドラー、C.V.ドーレン『本を読む本』(講談社学術文庫)

ここ数年は電子書籍ばかり読んでいて、仕事上を除けば紙の本は滅多に読むことがなかった。しかしここ最近、紙の書籍に復帰した。きっかけは何年か越しの部屋の掃除であった。

 

読書そのものを止めていたわけではないけども、電子書籍ばかり流し読みしていた結果、アウトプット行為からは久しく離れてしまっていたように思う。ここのブログの更新履歴が何よりも物語っている。

そこでもう一度、読書という行為をおさらいする為にM.J.アドラー「本を読む本」(講談社学術文庫)を読もうと考えた。アドラーは読書という行為について、このように述べている。

読むということは程度の差こそあれ、ともかく積極的な行為だが、積極性の高い読書ほど、良い読書だということを特に指摘したい。(p.16)

高度な読者を相手に書かれた難解な本こそ、このような積極的な読み方が必要であり、また、そのような読み方に値する。(p.19)

その意味で、本という物は自然や外界と似ている。本に向かっていくら問いかけてみても、読み手が考え、分析した限りでしか、答えは返ってこないのである。(p.25)

積極的な読書という考え方は、本書全体を貫くテーマである。ある種の啓蒙、鍛錬として良い読書を位置づけ、その手段を読者に与えることが本書の目的である。娯楽としての読書は初めから対象外とされている。

原書の発刊時期は1940年のアメリカ。ここまで強烈に積極的な読書を推進する訳は、マスメディアに囲まれた生活によって人間の精神的な営みが衰えているという危機感がある。テレビやラジオ、様々な娯楽や情報は人為的なつっかい棒であるが、人間的な成長はもたらさない。積極的な読書による精神的成長を続けなければ、人間としての死を迎えるとまでアドラーは断言する。

自分の中に精神的な貯えのない人は思考することをまったくやめ、やがて死がはじまる。(p.254)

自分の中に精神的な貯えを持たなければ、知的にも、道徳的にも、精神的にも、われわれの成長は止まってしまう。そのとき、われわれの死がはじまるのである。(p.254)

こういったアドラーのテーマと問題意識を背景として、読書術が展開されていく。古今東西の膨大な書籍に対して綿密な分析を実施することはとてもでは無いが、時間的にも労力的にも困難である。その為、具体的な分析読書やシントピカル読書をする前に点検読書を推奨する。点検読書の目的は、多量の文献に対して精密分析するだけの価値があるかを短時間に峻別することにある。巷の速読術とか大量にビジネス書を読みこなすテクニックなどは、この点検読書の一種である。

  • 表題や序文
  • 目次
  • 索引
  • 帯などの謳い文句

こういった情報を参考としながら、拾い読みして全体のテーマや論点を整理し、その後の段階に至るべきかどうかを読者は判断しなければならない。そしてその中で己を成長させうる、難解な書籍に対して分析読書を開始するのである。

分析読書ではキーワードや単語の使われ方、論理展開に気をつけながら著者の主張の把握に努めることになる。しかしながら、読者の役割は著者の主張を理解するだけではない。

内容が理解できただけでは、積極的読書として十分とは言えない。「批評の務めを果たして、つまり判断を下してはじめて、積極的読書は完了する」。(p.146)

つまりアウトプットである。アドラーは批評のポイントとして、著者の主張に以下4点が欠落していなかったか読者に確認を求める。

  1. 知識が不足している
  2. 知識に誤りがある
  3. 論理性に欠け、論証に説得力が無い
  4. 分析が不十分である

この4点のどれかが引っ掛かれば、読者は著者に対してその誤りや不十分さを指摘する。逆に、これらが完璧であれば、読者は著者の主張に対して首肯することになるのである。

そして著者が最後に掲げるのがシントピカル読書である。これはあるテーマに従って複数の書籍を比較検討する読み方であって、卒業論文等で実施される文献調査のようなものである。その際、読者は各書籍の表面的な用語やキーワードの違いに惑わされることなく、書籍同士の関連性を見抜かなければならない。よって、シントピカル読書を実行する為には点検読書や分析読書に習熟していなければならない。高度な知的営みである。

シントピカルな分析が獲得しようとしている特性は、「弁証法的客観性」という言葉で要約される。(p.234)

書店に行けば読書術に関係する書籍は幾つも見るが、このアドラーの「本を読む本」はその中でも白眉である。本を読み、その内容をアウトプットするという知的営為を行う者にとって、本書は座右とすべき一冊と考える。

なお、本書の紹介は2回目となる。過去の記事を読むと、同じ本を読んでも感じ方が違うものなのだなぁと思った次第。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です