日南郡の旧称について

TSさんが、象郡の名前の由来を募集していたので、探してみた。

『漢書』地理志の日南郡の箇所に以下の記述がある。

日南郡,故秦象郡,武帝元鼎六年開,更名。有小水十六,并行三千一百八十里。屬交州。

日南郡は秦の時代は象郡と称したらしい。何故この郡名かというと、『漢書補注』で王先謙が以下の注釈を加えている。

唐志因象山為名山形如象也。

この『唐志』という書物は恐らく『新唐書』か『舊唐書』の志を指すのであろうが、要は「象のような形の山があったから」というのが象郡の名前の由来のようである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です