万年筆購入

最近、万年筆に興味を持つようになった。その遠因は先月に大学時代の先輩と一緒に行った来年の手帳探し、又は同じような時期に訪問した文房具カフェに求めることができる。

実は何年か前にも万年筆に興味を持ってOHTOのF-Lapaを購入したのだが、あまり文字を書き残す習慣はなかったことから最終的に使わず終いで万年筆そのものも紛失してしまった。今思うと少し勿体ない気もする。その間、私は世の中に出回っている電子文具を試し、pomeraなど一部は購入したし、スマホやタブレット、ノートパソコン、後はいくつかのSNSやクラウドサービスも利用。ともすればアナクロな物など不要と言わんばかりの環境になっている。一方、手帳は手書きで整理していたりして、必ずしも完全に手書きの機会はなくなっていない。

今回、新しく購入したのはPILOTのコクーン。万年筆の特性上、左利きにとって万年筆は扱いづらい代物という話もあったりするが、丸善の文具店で目立つ位置にあり、試し書きをして引っ掛かり無く書くことができ、デザインがシンプルで好みであり、しかも高くない(←重要)。そういった理由により購入に至った。

以後、比較のためにPLATINUMのプレピープレジール、それと無印良品のアルミ丸軸万年筆を購入した。感想としては、プレピーは見た目が凄く安っぽく、紙に引っ掛かる感覚があり、またインクが掠れたり逆に大量に出てくる等イマイチ出力が安定しない。200円という破格の値段を考えれば仕方無いことなのかも知れないが、長く使おうとしたときにインクによるイライラは軽い問題では済まされない。また、プレジールはそれ以外の万年筆全てが細字(F)なので敢えて中字(M)を購入したが、それが幸いしたのか、インクは比較的安定して出ているし、持ち方次第では力むことなく文字を書くことができる。ただこれも、ペンの持ち方を極めて制限するので、その点は常に注意を払わねばならぬ。無印良品は見た目もシンプルで価格も安いが、何も書き味とかで主だった不満はなく、1000円少々で入手できるのであれば御の字である。ただ、長時間持っているとアルミのグリップが少し辛いかも知れない。こればっかりは長時間連続使用してみないとわからない。

それとこれは完全に好みの問題だが、PLATINUMのカートリッジインクは全般的に水彩のような雰囲気があって、硬質な文章を書くときにはえらく不向きであるように思う。逆にふんわりとした(?)文章を書くときには面白いかも知れないが。コンバーターでも取り付けてPLATINUM純正の好みの色を探すしかないだろうけど、果たして200円とか1000円の万年筆でやることなのかと考えると少し躊躇する。ネットを検索すると、やっている人も居るみたいだけど。

いずれにせよ、常用する万年筆を選ぶとすれば手持ちの中ではコクーン一択。無印良品の万年筆は黒いインクなので、会社に置いておいて使い潰すのが正しい利用法だろう。もっともこの無印良品の万年筆はOHTOによるOEM生産で、インクは欧州共通規格だったりするから限りなく汎用的だったりするのだけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です