班固『白虎通』巻一 號 (1)

帝王者何?號也。號者,功之表也。所以表功明德,號令臣下者也。德合天地者稱帝,仁義合者稱王,別優劣也。《禮記謚法》曰:「德象天地稱帝,仁義所生稱王。」帝者天號,王者五行之稱也。皇者何謂也?亦號也。皇,君也,美也,大也。天人之總,美大稱也。時質,故總稱之也。號言為帝何?帝者,諦也。象可承也。王者,往也。天下所歸往。《鉤命決》曰:「三皇步,五帝趨,三王馳,五伯騖。」號之為皇者,煌煌人莫違也。煩一夫,擾一士,以勞天下,不為皇也。不擾匹夫匹婦,故為皇。故黃金棄于山,珠玉捐于淵,巖居穴處,衣皮毛,飲泉液,吮露英,虛無寥廓,與天地通靈也。

帝王とは何でしょうね?というお話。「号」とは何なのかについて、この段落では解説している。全部で五段落、其の中の最初の部分を取り敢えず書き下してみる。尚、例によって本文は陳立『白虎通疏証』(中華書局)に拠った。細かいことを言うと色々大変だけど。とりあえず、さっくり書き下してみる。厳密な書き下しは誰か別な人やってください。

帝王は何ぞや?号なり。号は、功の表れなり。功を表し徳を明らかにし、臣下に号令する者の所以なり。徳が天地に合する者は帝を称し、仁義合する者は王を称し、優劣を別つなり。『礼記』謚法編に曰く、「徳は天地を象りて帝を称し、仁義の生ずるところ王を称す。」帝は天号、王は五行の称なり。皇は何の謂いか?また号なり。皇、君なり、美なり、大なり。天人の総、美大の称なり。時質す、故に之を総称するなり。号が帝を為すと言うは何ぞや?帝は、諦なり。象を承くべきなり。王は、往なり。天下の帰往するところ。『鉤命決』に曰く、「三帝歩き、五帝趨り、三王馳せ、五伯騖す。」号の皇を為すは、煌々と人違うなきなり。一夫を煩らい、一士を擾らい、以て天下を労するは、皇と為さざるなり。匹夫匹婦を擾わず、故に皇と為る。故に黄金を山に棄て、珠玉を淵に捐て、穴処に厳居し、皮毛を衣、泉液を飲み、露英を吮い、虚無寥廓、天地と霊を通ずるなり。

というわけで、結局分かったような分かんないような感じなんですが、そもそも「号」とは功績を称えたり、その人の徳を明らかにする為の代物であるということ。そしてその人の徳が天地と適合していれば「帝」であるし、仁義を持ち合わせていれば「王」であると。徳が天地に合する、とは何とも判然としないですが、自然のあるべき姿に合致しているというか、儒教の徳目をそのまま体現しているとか、そういう感じの意味なんだと思います。だから帝は諦、つまり天のあるがままを体現するんだ・・・見たいな話になっていくのでしょう。

次ぎに「皇」ですが、これも号だと『白虎通』では記しています。「君」「美」「大」とか色々言ってますが、その続きを読む限り人格者のことでしょう。自らが治める対象である庶民や士について「めんどくせぇ」とか思いながら苦労して天下を収めているようでは、「皇」たる資格がないと。そういう些末なこと、面倒なことを面倒と思わないようであってこそ、「皇」なのだと。多分、私なんか一生、「皇」の有資格者になれそうもありません。

で、最後は色々言ってますが、質素倹約ですね。黄金は山に棄て、宝石は河に放り投げ、粗末な住居と衣服、飲食も贅沢しないし、家具も余計なものを置かない。これが天地と霊を通じる方法なのだと説くわけです。

そんなわけで、これに適合する人はあまり見たことないんですが、後漢末から三国時代の武将が死後「家には何も財産がなかった」みたいな記述になっているのは、この辺の考え方があるんだろうなぁ、とか思ったりします。

今回はいつもと違って、自分なりの解釈をかなり入れてしまいましたけど・・・次回はまた気が向いたら。読者諸兄の御指摘御指南、宜しくお願いします。

 

魏晋南北史研究会 第14回大会

去る9月15日(土)、午後から魏晋南北史研究会の第14回大会が開催された。その先週及び先々週は三国志学会関連であったが、三国志学会の大会や講演会は視点が一般人に向いているのに対し、この魏晋南北史研究会は専門家が相手の大会である。当然、一般人の参加者はごく少数に限られている。

さて、今回の発表は2件。1件目は福原啓郎先生の発表で、「西晋の張朗墓誌の総合的研究を目指して」というもの。墓誌が研究に選ばれる理由は幾つかあるのだが、一つは墓の中にあって風に晒されておらず保存状態が比較的良好であること。曰く、文献資料と近似性がある、と。また量的な問題もあって、魏晋期以前は墓誌碑の数は非常に限られているが、逆にこの時代より先になってしまうと量が膨大になる。よって、研究するには魏晋期の方がちょうど良いそうだ。決して三国志が好きで魏晋期を選択したわけではないらしい。

魏晋期の墓誌碑には大きく二つにジャンル分けされ、一つは張朗のような無名人のもの、もう一つが荀岳のような有名人のものだ。墓誌碑の形など、その違いは重層的に想定される為、数々の特徴をピックアップして比較検討する必要があると福原先生は述べていた。

例えば文字量が碑陽、碑陰併せて400文字あるがこれは多い部類に入る。そして夫婦合葬、嫡子が居るのに墓誌が作られている(魏晋期における墓誌は通常、嫡子が居ない場合に作成される)等々。記載も張朗が無官であったことから、儒教的な徳目での良さをつらつらと記載している(通常は出世や功績を記す)。

最後に、福原先生は近年出土のものは偽物の墓誌が多いと述べていた。よく見れば偽物にも特徴が有るらしいのだが、その知見は是非とも記録として残して欲しいと思う。例えば偽物の石刻資料だけを集めて個別に全部批判し、一冊の本にするとか。

二つ目は窪添慶文先生の「北朝における弘農楊氏ー楊播一族を中心に」という発表。隋唐時代になると楊氏の墓誌が大量に出てくるが、北朝時代はそうでもない。特徴として、漢人貴族ではあるが武名で名を挙げていること、そして弘農楊氏として華陰を本貫としているが、実際には北朝時代の弘農楊氏は華陰との繋がりが強くないことだった。

弘農楊氏、と言えば真っ先に三国時代に活躍した楊脩の一族を想像してしまうのだが、そこから北朝までの流れはどうなのだろうか。そういえば楊脩以後、よく分かっていないように思う(実は北朝の弘農楊氏から隋代の楊素に至る過程もハッキリと分からないらしい)。

氣賀澤先生と窪添先生との質疑のやりとりを聞いて、この分野もまだ未解決なところが多いのだろうな…と実感した次第。しかし、だからといって豊富な石刻資料の中には偽物もあったりして、私のような素人には手を出しにくい分野に相違ないだろう。

 

喪の最中に何かがあった場合。

喪に服する時は「喪に臨みて笑わず」とか色々と哀悼の意を表して謹んで生活をするわけだが、喪の最中にトラブルがあった場合はどうやら例外措置があったようだ。『禮記』曲禮編上には次のような記載がある。

「居喪の禮、頭に創有れば則ち沐し、身に瘍有れば則ち浴し、疾有れば則ち酒を飲み肉を食らい、疾止めば初めに復す。喪に勝たざるは、乃ち不慈不孝に比するなり。」

だから幾ら喪に服しているからといって、自分自身の身体を駄目にしてしまっては、生んで育ててくれた親に申し訳がないし、倒れて祭祀が行えないとなると祖先に対しても申し訳が立たない。だからこういう例外規定がちゃんと設けられているのであろう。

古代の礼制も決して杓子定規の世界ではないのである。みんな、『禮記』の記載通りにちゃんと守っていたかどうかまでは分かりませんけども(笑)