広岡友紀『京浜急行電鉄』(毎日新聞社)

日本の私鉄 京浜急行電鉄

日本の私鉄 京浜急行電鉄

鉄道航空アナリスト、という肩書きの著者による作品。本書である日本の私鉄シリーズ第五作目。過去四作品は西武鉄道、京王電鉄、相模鉄道、小田急電鉄。鉄道に関する著作を多く執筆し、また本書の内容からも造詣の深さを感じ取ることができる(実は凄い人なのかも知れない)。

本書は京急に焦点を当てた著作である。京浜急行電鉄(略して京急)のルーツ、戦前の「大東急」に基づく併合、社史にちらつく西武vs東急のバトル、そして現在運行中の車両技術について等々。車両技術に関する記述が半分、京急の社史に関する部分が半分。併せて200ページ弱の構成である。

京浜急行電鉄という会社については、以下のような特徴を持つ。

 その沿線は東京都港区、品川区、大田区、川崎市、横浜市、横須賀市、三浦市、逗子市に広がり東京湾にほぼ沿う形である。
 沿線の核はターミナルの品川ではなく横浜にある点が通勤通学輸送上の特色であろう。
 横浜のほかでは横須賀中央がひとつの核として存在し、京急線は都市間連絡鉄道(インターバン)としての性格が濃く、この点が関東民鉄の中で京急を特徴づけている。
(「1 京急のプロフィール」p.22)

このように旧市街地を結ぶ京急沿線沿いは多数の住宅(=利用客)を予め有し、ほかの私鉄が沿線沿いの宅地開発を兼ねて発展していたのとは異なる。また、一部区間がJR東海道線と重複することが京急の車両設計思想に深く関わっている。京浜間の路盤不良、短い駅間隔等々は、京急車両にレベルの高い車両性能を要求する。

 品川~横浜間など対照的だ。東海道線ではノッチを入れて時速100キロあたりに速度が達したら、ノッチを切り、後は惰行でかなり長く転がせばよい。曲線上での速度制限もなく、先行列車も相当先にあるから信号はG現示だ。
 京急は曲線も多く、先行列車も近い(普通や急行)。快特が少しでも速く走るためには、制動と力行を小きざみにくりかえす必要がある。そこで車両性能の高さが必要になる。E217形では使い物にならない。
(「3 特徴ある京急の車両技術」p.74)

各鉄道会社にはそれぞれ固有に抱える問題がある。故に、単純に最新技術を単純に導入すれば済むという話ではない。各鉄道会社とも固有の問題意識を抱えながら、それを改善する方向で常に日進月歩の歩みを見せているのであろう。

本書は京急について深く知ることができる一方、用語については基本的に細かい説明はない。技術的用語の細かい説明は他書による他なく、その点だけは残念である。

宮本昌幸『図解 電車のメカニズム』(ブルーバックス)

図解・電車のメカニズム―通勤電車を徹底解剖 (ブルーバックス)

図解・電車のメカニズム―通勤電車を徹底解剖 (ブルーバックス)

前著たる『図解 鉄道の科学』の事実上の続編。本書はサブタイトルである「通勤電車を徹底解剖」とあるように、通勤電車の技術的な側面に特化している。特にモーター、ブレーキ、ATSシステムに関する解説は明らかに前著より充実している。また、一部記事に対して東京地下鉄(株)や小田急電鉄(株)の現役社員の方に原稿執筆を依頼している点も相違である。恐らく民間鉄道会社に関する記述であろう。

一応、前著から独立して読めるように配慮をしており、そうなるように記述も前著と一部重複している。順番的には走行方法や架線等の全体的な技術を前著で読み知ってから、本書に接する方が王道であろう。

しかし気になったことがある。電車がテクノロジーの結晶であることは、前著及び本書を併せ読むことで痛感できるのであるが、一方で現行の技術(執筆当時開発中を含む)で既に鉄道技術に課題はほぼ解決されているような印象を受けるからだ。悪い言い方をすると、鉄道技術者による自画自賛っぽいのである。

こういう鉄道技術関連の本も、単一著者のみではなく、色々な方面からアプローチしていかないといけないかも知れない。

最後、若干気になったことを記したが、基本的には広くお勧めできる本である。

宮本昌幸『図解 鉄道の科学』(ブルーバックス)

こちらのBlogでは、科学系に属する書物の紹介を行う。

今回紹介する書物は『鉄道の科学』と言う書物である。元々はブルーバックスから同名の書物が1980年に出版されていたが、技術の進展もあり、装いも新たに出版したのが本書である。

元々電車は嫌いではなく、気になればニュースやネット記事を閲覧していたが、ちゃんとした鉄道知識は持っていなかった。その為、基礎知識の習得を意図して本書を購入した。

しかし流石はブルーバックス。数式こそ出ていないが、題名の通り科学、と言うよりも物理学の用語が頻出する。高校卒業程度の基礎的な力学及び電磁気学を習ったことがなければ、少々読み通すのは厳しいかも知れない。私は大学生の初学年で力学と電磁気学を履修した程度だが、昔の記憶を辿りながら読み通した次第である。

また、元々国鉄の鉄道技術研究所で勤務して技術研究開発に従事していた経緯から、基本的にJR関係の記述である。私鉄がどのような歩みを見せていたのか、という事については他書に因らねばならぬ。購入を検討されている方は注意されたい。

本書で解説されているところは非常に基礎的で地味である。敷設しているレール、車両のハンドル操作、ブレーキング、架線、走行原理等々。例えば電車の走行はモーターの出力だけではなく、車輪とレールの粘着力に左右される為、モーターのみの改良では速度向上は望めない。またJRは過去の「駅600m手前でブレーキングすること」という規則に基づいて各設備が整備されている為、その規則が改正された現在も当時の設備の為に最高速度制限増加の足枷になっていること。他にも地味ながら走行性、安全性、快適性向上の為に絶えず技術改良を繰り返してきた歴史が窺える。

思わず鉄道の架線一つを眺めても、「此処にあの技術が使われているんだな~」等と楽しめるようになる一冊である。多少の技術的な用語を厭わぬ方には強くお勧めしたい。