M.J.アドラー、C.V.ドーレン『本を読む本』(講談社学術文庫)

本書は読書の方法について伝える本である。勿論、方法というからには技術的な箇所がメインになるのだが、特徴的なのはそれ以上に読者としての心構えが説かれている点だ。表面的に技術論を語るだけなら、1940年代に出版された本書が現在まで読み継がれるということはあるまい。実際、私は過去に速読術に関する本を何冊か購入したこともあるが、その本は全て既に売り払うか廃棄処分して書棚には残っていない。

まず、著者は現在(執筆当時)の状況について次のように語る。

情報過多は、むしろ理解の妨げになることさえある。われわれ現代人は、情報の洪水の中でかえって物事の正しい姿が見えなくなってしまっている。…(中略)…理由の一つは、現代のマス・メディアそのものが、自分の頭でものを考えなくてもよいような仕掛けにできていることである。…(中略)…カセットをプレーヤーにセットする要領で、知的パッケージを自分の頭にポンと投げこめば、あとは必要に応じてボタンを押して再生すればよい。考える必要はなくなったのである。
(「1 読書技術と積極性」p.14~15)

この傾向は今でも変わらない。むしろ、インターネットで検索して必要な回答がすぐ出てくる分、この傾向は更に進んでいるのではなかろうか。読書の目的は自ら情報を取得し、分析し、意見を述べることにある。また精神を成長させることである、とも述べている。勿論、読書には他にも情報取得のための読書、というのもあるが著者が重視しているのはそこではない。

読書には段階がある。その文章の意味を理解し、アウトラインを掴み、著者の意見を理解し、それに対して批評を加える。更にあるテーマに沿って複数の著書を読む場合は、それぞれの論点を整理して比較する。アウトラインを掴む程度で十分とされる本もあれば、入念に分析・批評を加えるに値する本もある。技術論的なところは割愛するが、以下、私がこの本を読んでなるほどその通り、と感じた箇所である。

知識を実用化するためには、知識を行為の規則に作り変えねばならない。「実態を知ること」から、「どうしたら目的に達することができるかを知ること」に移行しなくてはならない。つまり、事実を知ることと、方法を知ることの二つになる。
(「6 本を分類する」p.76)

ふつう、読者は、事実や知識について率直に意見を表明していることを前提に読む。著者個人に対する興味から読む場合はそれでもよいが、本の内容を本当に理解しようとするなら、著者の意見がわかっただけでは十分ではない。「はっきり根拠が示されていない限り、著者の命題は個人的な意見にすぎない」からである。読者は命題を知るだけではなく、「その命題をたてるにいたった理由」を理解しなくてはならない。
(「9 著者の伝えたいことは何か」p.127)

著者の関連知識が不足しているか、誤っているか、論理性に欠けるか、のどれかが立証できない限り、読者には反論する資格はない。「あなたの前提には何も誤りはない。推論にも誤りはない。だが、私としては結論に賛成できない」ということは許されない。それは、結論が「気に入らない」と言っているだけで、反論とは言えない。著者に説得されたのなら、そのことは率直に認めるべきである。
(「11 著者に賛成するか、反論するか」p.169)

著者は読書のことを「一対一の対話」と表現する。対話であるが故にそこには最低限のルールや配慮が存在する。また、何度でも対話するに値する相手もいれば、1回だけで事足りる場合も、そしてそもそも対話する必要すらない相手もある。そのような判断を下す基準は何か。著者は以下のように述べる。

すぐれた書物ほど、読者の努力に応えてくれる。むずかしいすぐれた本は読書術を進歩させてくれ、世界や読者自身について多くを教えてくれるからである。単に知識をふやすだけの、情報を伝える本とは違って、読者にとってむずかしいすぐれた本は、永遠の真実を深く認識できるようになるという意味で読者を賢くしてくれる。
(「15 読書と精神の成長」p.249)

理解が深まり成長すればするほど永遠の真実に近づく、という論述はヘーゲル的な歴史認識を思わせる。が、ここで重要なのはそういう話ではない。読者が多くの良書に触れることで見識を深め、世の中の出来事に対して本質を掴む(という表現が適当なのかはわからないが…)ことが可能になる。冒頭に述べたような、マスコミの提供する知的パッケージをそのまま鵜呑みにして他者の意見に流されることがなくなるだろう。私自身がその境地に達しているとは到底言えないけども、そうなるようには努力しているつもりだ。このblogも半分は読書記録という意味合いがあり、この本の掲げる主題を達成できれば良いな…と思う次第である。

当然、自ら判断せず多数派の意見に乗っかり続け、誰とも衝突しない無難な生き方を選択することも可能だ。その場合は、ここまで深く読書をすることは必要ないだろう。読書に対する姿勢、それはその人の生き方も表すのかも知れない。

金子修一『中国古代皇帝祭祀の研究』(岩波書店)

中国古代皇帝祭祀の研究

中国古代皇帝祭祀の研究

金子修一氏の皇帝祭祀・宗廟制度、即位儀礼に関する論考。あまり類似研究は見掛けない。古代と題する割には唐代までがっちりカバーしているので、人によっては本書の一部分だけしか必要ないかも知れない。私のような三国時代にしか興味ない人とか。

最初に唐代全般の祭祀・宗廟制度を世代毎に区切りながら論じ、次いで後漢時代から魏晋南北朝時代について論考を拡大していく。そして最後に皇帝即位儀礼について論じ、終章でそれまでの論考を総括して終える。

礼制の一部である皇帝祭祀について制度の枠組だけでなく実際の運用まで含めて検討すると、そこには意外に大きな変化の跡が認められた。特に、皇帝=天子の権威の来源に関する郊祀(南郊)に関わる側面に大きな変化があった。
(「終章 郊祀・宗廟及び即位儀礼より見た中国古代皇帝制度の特質」p.575)

著者は一連の研究の総括でこのように述べ、制度の枠組自体は後漢までに一旦成立すると外見上変化がないが、運用上は時代によって変化していることを論じている。また即位儀礼についても

中国の皇帝制は専制君主制であるとよく言われるが、唐に至る即位儀礼の内容は制度的に発展を重ねており、臣下による承認を広く求めるようになる点で、皇帝の恣意は予想外に防がれていたと言うことができる。
(「終章 郊祀・宗廟及び即位儀礼より見た中国古代皇帝制度の特質」p.580)

と述べ、堀敏一氏による皇帝即位儀礼の中に民主的要素を包含するとの見解を紹介しつつ、唐代までの皇帝支配は一方的な皇帝の意思の発動ではなかったと論じる。著者自身が最後に述べているように、今回は祭祀の制度を経学的、制度的観点で論述するに止めており、政治的側面の言及は少ない。著者はこれを今後の課題とも述べており、また違った形での皇帝祭祀の論考が出てくるのか興味深いところではある。

何にせよ、鄭玄・王肅両名の経学の知識は本書を読む際に必須となることだけは間違いない。中々の難物である。

渡邉将智「政治空間よりみた後漢の外戚輔政―後漢皇帝支配体制の限界をめぐって」(『早稲田大学大学院文学研究科紀要 第4分冊』56, 59-75, 2010)

http://ci.nii.ac.jp/naid/40018797612

この論文の主題は後漢時代の和帝期以後、皇帝権力の弱体化を「空間」の概念を用いて論じることにある。渡邉氏は後漢時代において皇帝の補政を二段階で区分する。

  1. 光武帝~章帝期の内戚補政の時代
  2. 和帝期以後の外戚・宦官補政の時代

特に補政の仕組みを考慮する上で注目に値すべきは章帝と和帝であるとする。章帝は侍中や黄門侍郎を外戚竇氏に任じて皇帝への禁中での口頭進言を許し、さらに遺言で竇氏一族を補政の任に就ける。外戚を補政の任に就けることは、光武帝以後行われてこなかったことであった。章帝の後を受けた和帝は、竇氏一派が和帝弑殺を画策したことから、侍中の禁中の出入りを原則禁止にして中常侍にのみ禁中での口頭進言を許すことになった。しかし、結局は外戚勢力は宦官と結託することで禁中への影響力を維持したため、外戚・宦官主導の補政が続いて皇帝権力は弱体化することになる。

これが本論文の主なストーリーである。政治空間での章帝期と和帝期の大きな違いは、侍中が禁中出入りを許されているかどうかの違いである。しかし側近政治そのものを克服できなかったため、和帝期以後も中常侍(宦官)を通じて外戚も影響力を行使できた。私がイマイチよく分かっていないのは、外戚が中常侍との結託を欲するのは分かるが、中常侍(宦官)側が外戚の力を欲したのは何故だろうか、ということである。論文では『後漢書』何進伝における張譲の発言を以てその論証としているが、何故宦官が外戚の力を欲しているかを論じ切れていないように思う(或いは論じるまでもなく自明だとか?)。

あまり『後漢書』を読み切れていないので不勉強なだけかも知れないが、その辺が少し気になった次第である。

劉重來・徐適端[主編]『《華陽國志》研究』(巴蜀書社)

f:id:tokumoto-shokai:20120209203401j:image:w180:right
《華陽國志》研究』は『華陽國志』のこれまでの中国国内の研究、特に下記の両書(劉琳『華陽国志校注』、仁乃強『華陽国志校補図注』)を土台にして『華陽國志』研究の状況、著者である常據の思想、『華陽國志』で論じられている経済発展状況、文化、民俗、人物を取り上げる。また、付録として『華陽國志』の版本についても論じられ、大変興味深い内容。これら土台となっているのは1985年~2003年頃までにかけて学術誌に発表された論文であり、各章毎に1~2名が分担して執筆している。

 『華陽國志』本文自体は記載されていないため、本書引用の分量から考慮して、本文参照のために劉琳『華陽国志校注』は手元に置いておいた方が良いかもしれない。ただし劉琳は簡体字。繁体字を欲するなら仁乃強の方が良い。
f:id:tokumoto-shokai:20120209203451j:image:w120:leftf:id:tokumoto-shokai:20120209203533j:image:w120:left

王仲牽『金泥玉屑叢考』(中華書局)

f:id:tokumoto-shokai:20120208010300j:image:w360:leftこの『金泥玉屑叢考』は先秦~宋(趙氏)に至までの主要物資の貨幣価値に関して史書などから抜き書きし、ひたすら列挙・分類した代物。ひたすらデータを列挙しているので、通読して面白い代物ではない。何か気になったデータを参照する際に便利。

所謂二次文献の類なので、参照する際には引用元に当たって確認するなどの慎重さはあって良いかもしれない。

海上知明「平知盛と「海軍」戦略―軍記物語に見いだされる戦略原則」(戦略研究学会編『戦略研究 第5号』芙蓉書房出版、2007年、p.69-80)

日本流の戦争方法 (年報戦略研究)

日本流の戦争方法 (年報戦略研究)

今年のNHK大河ドラマで平清盛が主人公ということなので、テレビは見ていないけどもそれに関する論文を一つ紹介する。

この論文の主旨は平家が都落ちしてから滅亡するまでの間、実は効果的な戦略を実施して源氏の西進を阻んでいたとする内容の論文。海軍戦略に関する書籍はマハンやコーベットとなど数多くあるが、この論文ではマハン海軍戦略を適用している。また、この時代を知るためには主として軍記物に頼らざるを得ないが、こうした点についてこの論文では次のように述べている。

しかし優れた社会科学の分析により軍記物の不備を補うことは十分に可能であると信じるものである。社会科学的分析で明らかとなるのは、単なる史実ではなく、行われていたことの本質である。

そして、知盛の戦略を海上氏は以下のように結論づける。

初期の方針は海峡封鎖力を確保することにより瀬戸内海に圧倒的な制海権を確立し、その制海権のもとで陸上に影響力を拡大していこうというもので、これが「一ノ谷合戦」で切り替わり、海上から山陽道を攻撃して疲弊させる形になる。さらに源範頼が西国に入ってからは山陽道に展開した源氏軍の補給線を締め上げる段階へと移行する。この一連の「海軍」戦略を可能にしたのが屋島と彦島の存在であり、屋島の喪失が戦略段階の終了を意味する。

海上氏は論文の中で、この瀬戸内海の海峡封鎖によって源氏が実際に平家掃討に苦しんでいたことを『玉葉』『吾妻鑑』の記載から指摘する。源氏はこれにより中国地方を通過するためには陸上で山陽道へ長々と兵站線を築くことになり、平家は海上からこの兵站線を攻撃することで源氏を苦しめる。瀬戸内海の諸島を押さえることで効果的に管制を利かせていたのである。謂わば屋島はカリブ海におけるキューバである。この屋島を喪失したことで瀬戸内海での管制が利かなくなり、戦略上の有効的な手立てを失うことになる。

私は『平家物語』を昔に1回だけ読んだ記憶がある程度だが、こういう視点から軍記物を読むことはできなかった。しかし改めてこの論文を読むと、平知盛の海軍戦略の見事さをうかがい知ることができる。また海軍戦略の文献もしばらく読んでいないので、また時間を改めて取り組みたい。

角田和弘「E.H.カーの『国際秩序』構想―平和的変革とその失敗」(戦略研究学会編『戦略研究 7』芙蓉書房出版、2009年、p.119-136)

戦略研究 第7号 インテリジェンス

戦略研究 第7号 インテリジェンス

この論文はE.H.カーの主著である『危機の二十年』やその前後にE.H.カーが雑誌に投稿した論文から、彼の構想していた国際秩序が如何なるものであるかを解明し、そして評価することにある。

本論文においてカーへの評価は厳しい。というのも、カーは『危機の二十年』においてドイツのミュンヘン会議におけるズデーテン地方割譲、イタリアのエチオピア侵攻を是認しているからだ。カーは「持てる者」イギリスと「持たざる者」ドイツ・イタリアが武力衝突を避けるために、話し合いの下で遂行されたことを評価しているからだ。本論文では以下のように結論づける。

既に述べた通り、カーは「持たざる国」であるドイツ、イタリアを「持つ者」の立場に転じさせようとした。イギリスとドイツ、イタリア間の道義的関係の再構築を成し遂げ、そしてドイツ、イタリアが現状維持に利益を見いだすことによって、その力を国際秩序の維持のために用いようとした。

カーの主眼は欧州大戦の再現を阻止することであった。その為にはチェコスロバキアの多少の犠牲もやむを得ないという判断だった。しかし、史実はそれで収まるどころか両国の更なる利益拡大行動をもたらす。後世から見てこの出来事はドイツ、特にヒトラーによる独走を許すことになる。このときの状況をヴァルター・ゲルリッツは次のように記す。

だがヒトラーはミュンヘンの勝利によって、参謀本部の精密な計算よりも自分の直感の方が常に正しい、との確信を強めた。確かにズデーテン危機をめぐるヒトラーの勝利は、伝統的な官庁、すなわちヴィルヘルム街の外交と参謀本部の戦略を全く無視して実行された政策の結果だったのである。こうして官庁はヒトラーに助言するどころか、単なる政策の道具とみなされるようになった。
(ヴァルター・ゲルリッツ『ドイツ参謀本部興亡史 下』(学研M文庫)p.196-197)

『危機の二十年』は当時の国際政治史の古典として高い評価を受けている。しかし、名著であったとしても一方でその認識全てが正しいとも限らない。だが仮にカーの目指した国際秩序が正鵠を射るものでなかったにせよ、『危機の二十年』の訳者である原彬久氏が訳者後解説の部分で述べる通り、戦間期の国際的な動きを分析して明らかにすることが目的であればその価値は大きく減ずるものではない。本論文はあくまでカーの目指した国際秩序の姿を明らかにすることが目的であって、決して『危機の二十年』に価値がないと述べているわけではないことを記しておく。

E.H.カー『危機の二十年―理想と現実』(岩波文庫)

危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)

危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)

本書は国際政治学の古典とも謂うべき地位を確立している。

本書は1919年から1939年にかけての戦間期20年の国際的な動向を取り扱う。前半の1920年代は国際連盟発足や軍縮会議などユートピア的幻想が幅を利かせていた時代、1930年はそこから一転してリアリズムに突き進む時代である。1920年に幅を利かせていたユートピアニズムは何故崩壊したか。本書では以下のように言及する。

世界大動乱の原因となる不平等とは、すなわち個人間の不平等や階級間の不平等ではなくて、国家間の不平等であった。…(中略)…今日われわれは、マルクスが嘗て社会階級について犯した誤りを繰り返してはならない。つまり、国家を人間社会の究極の集団単位として扱うその愚を犯してはならないのである。
(「第14章 新しい国際秩序への展望」p.429)

国家間の力量が原則として平等でない以上、このような国家間の不満を調停する場合には国際政治上における権力の存在が必要である。すなわち、カーが以下のように定義する超大国の存在である。

新しい国際秩序は、次のような権力単位の上にのみ打ち立てられるのである。すなわちその権力単位とは、群小国家間の対立状況のなかでやむなく一方に与せずともみずからの優位を維持できるほど、十分な統合力の強さをもち合わせているということである。
(「第14章 新しい国際秩序への展望」p.444)

権力者が調停の際に自らの都合のいいように裁定する可能性を是認しながらも、カーは実行力を持たないユートピアニズムよりもましだと判断する。一方で、超大国は無秩序に被支配的な国家に対して要求をして良いわけではない。力を持つ者が何の遠慮もなく権力を行使できるという状態もまた、幻想である。一時的には可能にしても、そのような状態では国際秩序は建設し得ない。今日、中国が新たな超大国として国際政治の舞台に登場しつつあるが、果たして中国は本当にその地位に就くことが可能か否か。アメリカがあっさりその座を譲るようにも思えない。嘗て第一次世界大戦後にイギリスがアメリカに期待しようなことが、果たしてアメリカと中国の間で起こりえるのか。古典的な国際政治学の立場から見て、今日の動向は大きく注目されるべき事態である。

中村喬『中国の食譜』(東洋文庫)

中国の食譜 (東洋文庫)

中国の食譜 (東洋文庫)

中国の食事、とは言っても宋元時代の食事について記載された本を訳したもの。所謂、昔の料理レシピである。

とは言っても、今のような美味しさを追求した本というよりは、精進料理など質素なもの、保存が利くものなどが主である。好きであれば止めないが、実際に作って美味しいかどうかは別である。

分量が正確に記されているもの、そうでないもの。今でも入手できるような食材、又は何を指すかよく分からぬ食材。この本記載全ての料理ができるとは限らないが、若し当時の料理について軽く知りたいのであればこの本を眺めながら実際に作ってみるのも楽しいかも知れない。