桓寬『鹽鐵論』本議第一 (1)

前漢の昭帝期の専売制に関する議論を纏めた『鹽鐵論』を題材とします。現在進めている『白虎通』と並行して取り上げていこうと思います。基本的には今の『白虎通』と同じ感じで進めていきます。

惟始元六年,有詔書使丞相、御史與所舉賢良、文學語。問民間所疾苦。
文學對曰:「竊聞治人之道,防淫佚之原,廣道德之端,抑末利而開仁義,毋示以利,然後教化可興,而風俗可移也。今郡國有鹽、鐵、酒榷,均輸,與民爭利。散敦厚之樸,成貪鄙之化。是以百姓就本者寡,趨末者衆。夫文繁則質衰,末盛則質虧。末修則民淫,本修則民愨。民愨則財用足,民侈則饑寒生。願罷鹽、鐵、酒榷、均輸,所以進本退末,廣利農業,便也。」

昭帝期の始元六年(紀元前61年)、丞相(田千秋*1)及び御史大夫(桑弘羊)は賢良、文学の士と共に専売制に関する議論を行うことになる。

まず、文学の士が問題を提起する。塩、鉄、酒に関する専売と均輸制が施行されている影響で、民衆が奢侈に走って本業たる農業に精を出さない。その為に風俗は衰え国の収入も減っている。それ故、今の均輸制を廃止して農業に精を出させるような方策を採るべき、とある。

この専売や均輸を実施したのは御史大夫である桑弘羊その人。武帝の遠征事業で掛かる費用を賄うために施行した方策だが、この方策が却って悪影響を与えているのだ、とする批判である。

*1:車千秋とも称する。

班固『白虎通』巻一 爵 (7)

爵人于朝者,示不私人以官,與衆共之義也。封諸侯于廟者,示不自專也。明法度皆祖之制也,舉事必告焉。《王制》曰:「爵人于朝,與衆共之焉。」《詩》云:「王命卿士,南仲太祖。」《禮祭統》曰:「古者明君,爵有德必于太祖。君降立于阼階南,南面向,所命北面,央由君右執策命之。」

「朝で人に爵位を授けるのは、私人を役人として任用していないことを示す」「廟で諸侯を封じるのは、恣意的な運用でないことを示す」という。朝は天子が政務を執る場所、私人は召使いとか家臣の意味。また、本文中に出てくる「阼階(そかい)」がよくわからないので調べたところ、「主人が登る東側の階段(角川新字源 改訂版)」の意味らしく、古来は主人が東側、客が西側の階段を使用したとのこと。

また、『毛詩』大雅・常武の「王命卿士,南仲大祖。」の意味について、ふくらさんが運営する中国兵法では以下のように説明している。

はじめに、周王は王室の軍隊を任命して統帥する権限をがっちり掌握していました。『詩経』「大雅・常武」に「王命郷士、南仲太祖、大師皇父、整我六師、以修我戎」とあります。これは周王が太祖の霊廟において「西六師」の将軍を任命する儀式を行ったことを言っています。軍隊のなかの各種の武官も、おおむね周王によって任命されました。
(中国の兵制―1.夏・殷・周の兵制「第三節 西周の兵制」)

また、陳立は注釈の中で廬文弨『今本四十四篇闕文』を引用する。

廬云:「衆當據本書作士,太祖本作太廟。自專,自一作敢。」

以上のことを考慮すると、ふくらさんの解釈するとおり、この引用部分は将軍の任命が太祖の霊廟に於いて行われたことを指し示すものなのだろう。人に爵位を授けたり、諸侯を封じたり、将軍を任命するという行為は、儀式化することでその重要さ、神聖さを印象づけていたのであろう。人事権の行使は今も昔も大変なのである。

班固『白虎通』巻一 爵 (5)

婦人無爵何?陰卑無外事,是以有三從之義:未嫁從父,既嫁從夫,夫死從子。故夫尊于朝,妻榮于室,隨夫之行,故《禮郊特牲》曰:「婦人無爵,坐以夫之齒。」《禮》曰:「生無爵,死無謚。」《春秋》録夫人皆有謚,夫人何以知非爵也?《論語》曰:「邦君之妻,君稱之曰夫人,國人稱之曰君夫人。」即令是爵,君稱之與國人稱之不當異也。

婦人に爵がない、ということについて論述している段落。『列女傳』にはかの有名な「未だ嫁がずは父に従い、既に嫁げば夫に従い、夫が死せば子に従え」の文句があり、『禮記』には「婦人に爵無く、坐して夫の歯を以てす」「生きて爵無く、死して謚無し」とある。とにかく女性、特に嫁いだ夫人は夫の陰となるべきことが説かれている。

しかし、一方で『春秋』には婦人に爵がある記録が残っている。これを受けて『白虎通疏証』の著者である陳立は注釈で

此據夫人有謚,以難婦人無爵也。(此れ夫人謚を有するに據りて、以て婦人の爵無きを難ずる也。)

と述べている。正直、これだけでは何と解釈して良いのか完全には掴みきれないが、婦人には爵がないんだという考え方は必ずしも当てはまりませんよ、ということなのかも知れない。*1 *2

*1:その後、Twitter上でgoushu氏から「陳立の注は文末につけられているのでわかりにくいけど、「《春秋》録夫人皆有謚,夫人何以知非爵也?」に対する注釈っぽい。『白虎通』は「春秋によると夫人に謚があるんだから、(爵があってもおかしくない、というか)『「夫人』っていうのが爵の名前じゃね?」という論難を仮設して、仮設した論難を論破することによって婦人には爵が無いという説を補強するというレトリックを使っている。ちなみに『夫人』が爵じゃない根拠はその後の論語の引用。論語に邦君の妻は「夫人」と呼ばれたり「君夫人」と呼ばれたり呼称が変わる。」というご指摘をいただいた。多謝!ご指摘の相当箇所はこちら→

*2:更に追記。先のご指摘を踏まえれば、婦人に爵は無いのですよ、ということになる。

谷川道雄『増補 隋唐帝国形成史論』(筑摩書房)

隋唐帝国形成史論

隋唐帝国形成史論

著者である谷川氏は『六朝貴族制研究』の著者である川勝義雄氏ととワンセットで語られるが、実のところ私は谷川氏の著作を読んだことはなかった。偶然にも今日、市立図書館へ立ち寄ったら中国史コーナーに本書が陳列されていた。中国史から見ても重要な著作であることは確かであり、借りて読むのもまた良いのではないか・・・と思った次第である。

さて、まず五胡十六国時代を語る上で重要な先行研究となるのは、内田吟風『匈奴史研究』、それと唐長孺『魏晋南北朝史論叢』であり度々引用されている。西晋は八王の乱・永嘉の乱を経て北部を異民族に奪取されることになったが、その大きな原動力は被支配者層として奴隷的な状況にあった南匈奴が、西晋末の混乱に乗じて匈奴的貴族を中心とした国家樹立という復古運動であったとする。ただし、この復古運動は完全に昔の状況に戻すわけではない。昔ながらの匈奴のあり方は後漢期に実施された南匈奴の征服及び五部族に分割しての統治で崩壊している。この西晋末に起こった南匈奴による国家樹立はその後の漢民族による中国式官制に由来する、と論じる。

その後に成立した慕容氏の燕を含め、著者は匈奴・鮮卑族による国家を

これら国家では帝族の宗室が兵力を分有する傾向があり、そこに軍事的封建制ともいうべきものの存在が指摘される。皇帝権はこうした体制によって大きく掣肘を受けている。特に宗室を代表する人物には強大な兵権が握られ、皇帝権の独裁化を防いでいる。
(第Ⅰ編 第3章「五胡十六国史上における苻堅の位置」)

とその特徴を述べ、中国式の皇帝権力ではなく、彼らの出身である部族連合的な要素がそのまま国家体制に反映されたのであろうと論じている。ただ別の側面として、漢族士大夫を尊重しその官僚機構を受け継いでいる。こうしたバランスの下で匈奴・鮮卑族の政権は成立していたが、皇帝権力の強化を志向してこれらのバランスが崩壊すると、彼らの政権もまた崩壊の方向に転じていった。これを受けて成立した氐族・苻堅率いる前秦も中国伝統の徳治主義政策も相俟って一時は強大な勢力を誇ったが、結局はこの同じ構図を克服することが出来なかった。

この構図を完全に打破するためには諸部族連合的な性格を解消し、府兵制の成立を待たなければならなかった。まず北ギ時代に入ると部落解放が実施され、門閥・賢才主義的な管理制度が整備される。また、北魏時代以降に散見される「城民」や「郷兵」が後の府兵制に結実し、本書ではその概念や成立史を論じている。

以上、本書は特に北朝の動きを制度史的な側面から論述している。本書は1997年に「補編 府兵制国家論」を加えた増補改訂版である。西晋末の混乱で劉淵が自立した後、異民族王朝が如何にして隋唐帝国成立まで制度的な模索を行ってきたかを知るには重要な書物であろうと考える。今日は図書館で借りて読んだが、これは古本屋などで購入し、手元に置いておくべきだと感じた。また改めてこの時代を俯瞰する際の道標としたい。

アダム・スミス『国富論(上)』(日本経済新聞社出版局)

上下2巻に分かれているうちの上巻は、主として基本的な経済理論を取り扱う。所謂「神の見えざる手」と呼ばれる需給関係や、商品の価値についての概念、資本蓄積による社会の発展がメイン。これまでの欧州の歴史を振り返って実例を提示しつつ、経済の仕組みを解説している。基本的には社会に出ていれば凡そ実感することで、この理論を学ぶこと自体に大きな奇異は感じないように思う。例えば需要が供給を上回れば商品価格が上昇し、逆の場合は減少する。商品の交換には経年劣化を起こしにくい硬貨、特に金貨や銀貨が用いられる。大規模な資金のやりとりを円滑に進めるため、銀行は兌換紙幣を発行する。等々。

この『国富論』は文章のみでグラフ等は殆ど出てこないが、実際に内容を理解するためには具体的な数字を追い、紙と鉛筆、又は電卓を片手に考えた方が良いように思う。漠然と文章を追っていくだけでは理解したつもりになるだけで、商品の交換や貿易や利子率による資本の変化などは理解しづらいかも知れない。何かこの『国富論』をサポートする副読本を読むと更なる理解に寄与するだろう。それが何であるかは、今はまだよくわからない。経済の教科書か?とにかく、今回はこの上巻を仕事を終えた後で一気に読み進めたため、現段階では完全な理解とは言えない。このあたりは後日、改めて読み返したい。

今後、中国史を読む上で参考にしておかねばならないのは、中国が伝統的に採用してきた重農主義がもたらす社会発展の度合いである。この重農主義や重商主義については下巻の方に詳しく紹介されている。アダム・スミスの説いたモデルに沿ってむりやり中国の経済状況を説明しよう、等という愚を犯すつもりはない。ただ、未開拓の大地を開墾しながら発展してきた六朝時代を理解するには、この『国富論』で説かれるモデルもまた参考になるのではないか。その辺を少し期待しつつ、下巻を読み進めていきたい。

経済学書を少し読もう

今まで記事を書いていて痛切に感じたのは、私自身が経済学に非常に疎いことだ。興味関心があって経済学の本を読んだことは過去にあったが、殆ど今は役に立っていないと感じざるを得なかった。その為、今週は少し毛色を変えて経済学の本を中心に読んでいき、そして紹介したい。

とはいっても、経済学書は無数にあってきりがないので、現在持っている経済学書を中心に読み直すことにする。私が持っている経済学書は基本的に古典であって、最新理論とかそういう面白いものは何もない。あくまで歴史書を読む上で多少なりとも経済学的な視点で分析を試みることが可能であれば良いな、という小さい希望を満たせればそれで十分である。何も現在の日本の財政政策やEUの金融問題を論じたいわけではない。それとそろそろ30歳になる社会人が経済問題はさっぱりです、というのも少し恥ずかしいという思いもある。

さて、いま私が持っている経済学関係の本は以下の通りである。これっぽっちか、と思われるかも知れないが、さしあたってこれを順次読んでいきたい。

まず最初に着手するのはこの本である。これは以前読んだときにスイスイと読めた記憶がある。今回改めて読み直すことで、経済学的な物の見方を再確認したいと考えている。

有名な経済学書ということで購入したが、当時の私には難解ですぐに読むのを諦めて本棚の奥に眠らせた本である。前評判からして有用であることは聞いているが、今回は改めて読了すべくチャレンジしたい。

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)

これは刊行当初、面白そうだったので購入した。確かに読了したが、今思い返すと何も思い出せない。ま、興味がない分野というのは往々にしてそんなものである。今回は概要を把握できるようにしておきたいところ。

ゆたかな社会 決定版 (岩波現代文庫)

ゆたかな社会 決定版 (岩波現代文庫)

大暴落1929 (日経BPクラシックス)

大暴落1929 (日経BPクラシックス)

ガルブレイス氏の書物は読み応えがあったと記憶している。特に『大暴落1929』は土地投機によるバブル発生とその崩壊過程が描かれており、行き場を失った金融資産の動きという面で役に立つと思う。

資本論 第1巻 ? (日経BPクラシックス)

資本論 第1巻 ? (日経BPクラシックス)

実は最近になって買った本。マルクスはこれまで先入観から拒否をしていたが、やはり経済学としては知っておく必要があると考えた次第。読み切ることができるかどうか不安だが、とりあえずチャレンジだけはしておきたい。

漢代の州従事について(厳耕望氏の著作より)

昨日、Skypeでむじんさんやにゃもさんと話をしていて、州従事について言及があった。その際、私はこの役職がどのような役割を負っているのか具体的なところを掴んでいなかったため、その概要について厳耕望『中国地方行政制度史―秦漢地方行政制度』(上海古籍出版社)の州従事の項目を調べて見た。すると、凡そ以下のような仕組みになっていたことが判明する。本当はせめて手持ちの文献である大庭脩氏や王勇華氏、小嶋茂稔氏の著作を参照した上で言及する必要があるのだろうが、今回はとりあえず割愛する。

漢代で州従事に言及するのは前漢の宣帝の時代。ただし、このときの従事は州刺史に同行する意味の一般動詞であって、固有の官職を意味してはいない。州従事が正式な官職として登場するのはそれよりも更に時代が下った元帝期であり、その秩禄は百石(刺史は六百石)である。州従事には部下がおり、これを假佐(書佐)という。

州の官吏の筆頭は別駕従事史であり、元々、州刺史と駕を別にして同行したことに由来する。特に後漢末になると州刺史・州牧に就いた群雄が「股肱」「謀主」として招聘することになる。一方、主簿は州内における地位が非常に低いのであるが、州刺史に関する事務及び州の文章を管轄しているため、州刺史の個人秘書とか側近のような性質を持つ。また、主簿は假佐の筆頭でもある。

治中従事史は州の官吏の任用や州内の綱紀を司り、ちょうど郡県の功曹に相当する。書佐は治中従事史の職務をサポートする。司隷校尉部では治中従事史ではなく功曹従事史と称する。

各郡国の監察に派遣されるのが部郡国従事史であり、假佐は典郡書佐という。郡国における文書管理と監察業務がその任務であるが、文書管理は典郡書佐に委任され、部郡国従事史は郡国の監察業務を主に担当する。その権限は非常に大きく、郡県の官吏・守相の悪行を見つけると上奏して罷免したり、下獄の措置を執る。郡レベルで言えば、督郵がその職務に相当する。

他、師友従事や従事祭酒の名前も史書に散見されるが、これらは「栄誉散員」とあり、恐らく名誉職や顧問職のようなものなのだろう。

主要な箇所としてはこのような感じだが、後漢末で各群雄が自立し始めると州刺史・州牧の俗吏に司馬や長史などが設置されるようになる。漢代の州従事は秩禄が低いが、権限たるや非常に大きい。今後、史書を読む際の参考にしたいと思う。

班固『白虎通』巻一 爵 (4)

王者太子亦稱士何?舉從下升,以為人無生得貴者,莫不由士起。是以舜時稱為天子,必先試于士。《禮士冠經》曰:「天子之元子,士也。」

今回の段落は非常に短い文章となっている。主題は「王や太子を士と称するのは何ででしょうね?」という疑問である。この文章の注釈で陳立が述べているが、天子や諸侯が後を継いで国のトップに立っていたとしても、爵位を賜わなければ「士」の階級と同列とされたようである。この根拠として陳立は『禮記』王制編や『春秋公羊傳』僖公五年の注釈などを引用している。

ところで天子は爵位であり、爵位を賜わなければその地位にあっても士と同列と見なされるのであれば、果たして天子の爵位を与えるのは誰なんでしょうね?天の意思が天子の爵位を賜る式を何らかの形で執り行っていたんでしょうか。嗚呼、これだから私は儀礼に疎くていけません…

加藤隆則『中国社会の見えない掟―潜規則とは何か』(講談社現代新書)

中国社会の見えない掟─潜規則とは何か (講談社現代新書)

中国社会の見えない掟─潜規則とは何か (講談社現代新書)

本書は多様な実例を紹介しながら、中国社会に厳然と存在する潜規則に焦点を当てて論述している。著者は先日紹介した読売新聞中国取材団『メガチャイナ』(中公新書)でも執筆した経験を持つ。

この潜規則を端的に言えば同じ仲間同士で適用される暗黙の了解であり、時にそれは法律の文面よりも重視される。その最たる物は「面子を保つ」ことに対する執心である。中国社会は面子を守ることを大事にする。お互いにそのように配慮することは当然として、面子と面子が衝突した際は大きな面子を守るためには小さい面子は引っ込むのである。この面子が中国社会で大きな影響力を持つ。大きな面子とは即ち警察や官僚の面子であり、社会の調和という名の下に庶民は理不尽を強いられることが屡々なのである。

一方で漢民族に根強い大統一志向・華夷思想は、独立心を持つ少数民族に対して抑圧する方向に力が作用する。著者は

 いつもは政府の宣伝工作を信じない漢族も、民族問題についてはすんなり受け入れる。無神論や華夷思想が少数民族の文化や宗教に対する理解を阻んでいる上、漢族を基準値とする愛国の物差しが、少数民族の権利を飲み込んでしまう。
(第十二章「国旗は漢族のもの」p.240)

と述べ、チベットの指導者であるダライ・ラマに関する事例を通じて中国の少数民族政策を語っている。また、外国人(特に欧米人)は「外賓」として遇され、仲間内で適用される潜規則とは別のルールが適用される。

中国は日本と比べて色々と異なる側面を持つ、と認識するかも知れない。しかし、それは単純に中国が共産党一党独裁体制で民主主義体制とは相容れない社会構造をしているからだ、とかそういう単純な理屈ではない。中国には積み重ねてきた歴史があり、その歴史によって育まれてきた因習が今の潜規則を形成している。魯迅や林語堂が著作で表現した中国人像は今でも適用されうる。一面的に捉えるのではなく、歴史を知り、文化を知ることの積み重ねが異国の社会制度理解の視座を与えるのではなかろうか。

【再掲】宮崎市定『九品官人法の研究』(中公文庫)

今日は時間がないので、かつて紹介した書籍の再掲である。

九品官人法の研究―科挙前史 (中公文庫)

九品官人法の研究―科挙前史 (中公文庫)

さて、中断を挟みながらも漸くにして読了した本書である。元々、制度史には強い興味があり、本書を読了する前にも同氏『科挙史』(東洋文庫)を読了していた。ただ、『科挙史』の方は隋唐~明清の科挙制度について中心に触れられ、それより前の時代に関しては軽く触れられていた程度であった。

そこで、三国志好きとしては科挙制度成立以前を取り上げた本書に目を付けたわけである。尚、本書は現在絶版の為、宮崎市定全集を購入して読むか、又は中古本を購入する必要がある。全集購入はスペース的にも金額的にも厳しい為、願わくば中公文庫での復刊を願いたいところである。

本書のカバーする範囲は後漢末から隋唐成立に至るまでの魏晋南北朝期である。文庫サイズで600ページを越える浩瀚な書物だが、時代別に章立てされており、通読以外にも一時代だけ確認したい場合にも容易な構成である為便利である。

私の興味は魏晋南北朝期の中でも後漢末~魏晋期が中心なので、この時期を中心に本書の内容に軽く触れたいと思う。

【九品官人法という名称について】
さて、本書を語る前に「九品官人法」という名称の由来について触れておく必要がある。資治通鑑の胡三省注では「九品中正」と注釈されるなど、「九品中正制度」と呼ばれることもあるからである。しかし、宮崎氏によれば「九品中正」という呼称は誤解を招く表現で、本来は「九品官人法」と「中正制度」は各々個別の制度であるとする。「九品官人法」とは官職を九つの等級に分けることを指し、「中正制度」は各地方において人物採用の際に人物評価を行う制度のことである。当然、陳羣が起案して制定した時は両者に密接な関連があったが、貴族社会が発達していくにつれ「中正制度」の方は形骸化していく。

【九品官人法の目的】
九品官人法制定の目的について宮崎氏の見解を要約すると、「漢魏革命実施に伴う政権移譲を円滑に行う為」であったとする。曹操が魏公・魏王の位に就任して鄴に魏を建国すると、曹操に縁の深い人物は魏国の官僚として採用されていく。当然、曹丕が後漢から禅譲を受けて魏帝国を成立させれば、その新政権はかつて鄴で働いていた官僚らがベースになるはずである。

が、単純にそうしてしまえば新政権発足と共に旧政権で働いていた官僚たちは一斉に失職することになる。つまり、二重政府状態を円滑に解消しなければ、失職せんとする旧官僚らの猛反発は必至となり、不測の事態が起こらないとも限らない。その為に用意されたのが「九品官人法」であり、「中正制度」なのである。九品官人法の分類に基づき、中正が新旧両政権の官僚らを評価して魏帝国の要職に就けていく。

宮崎氏は後漢期の各官職の秩禄と魏晋期の九品官人法を比較したとき、高官になればなるほど細かく分類されているのに対し、位の低い官職になればなるほど分類が大雑把になっていることを指摘する。これは九品官人法の本来の目的が高官に対する査定・評価にあったことを示し、この意見の根拠としている。

さて、新旧両政権の人事考課を終えた時点で本来の役目を終えた「九品官人法」と「中正制度」であるが、発布されて施行されたからには今後も継続して運用する必要がある。そこで、この制度による新任官僚の評価を実施することになる。各郡に設けられた中正が各地の青年を評価するのであるが、晋の劉毅が上奏文の中で

「今一國之士多者千數,或流徙異邦,或取給殊方,面猶不識,況盡其才力!」

と述べたように、一つの州で評価すべき人数は膨大な人数に及んだ。この面識もない膨大な候補者を、僅かな人数の中正で、数十年後に何処まで昇進する才能を持つか評価しなければならないのである。こんなことは土台無理な話であり、各中正は人物評価の基準として候補者の家柄等を根拠にし始める。古代中国には元々人物評価を行う風土があったから、地元で評価の高い人物が高い起家官で任用されていく。こうして「九品官人法」「中正制度」は貴族制社会確立の立役者となっていくのである。

【名士論との関係】
漢魏革命前後の人物任用に関する話については渡邉義浩氏の「名士論」が有名である為、この書評の最後に「名士論」との相違を指摘しておきたい。

「名士論」における「九品官人法」の役割は、陳羣ら魏を代表する名士が、名士社会を生み出した自らの風土(儒教を軸に置いた人物評価)を制度化せんとして提案したものとなっている。一方、曹操は自らの君主権確立の為に「文学に基づく人物評価」を行って既存の名士社会に対抗しようとしたが、曹丕と曹植を巡る後継争いの中で名士の発言権が増加し、曹操没後、曹丕は自らを支持してくれた名士達の為にも「九品官人法」を容認せざるを得なくなる。その後、魏帝国では曹爽らによる「吏部尚書による人事権の中央集権化」「玄学に基づく人事評価」を試みるなど名士社会への対抗措置を講じようとするが、これも司馬懿によるクーデターと「州大中正制度」成立によって斃れ、結局名士社会の風土を覆すには至らなかった。

【終わりに】
読んでいて思うのは、本書が発売された当時の研究水準の高さであるように思う。専門に研究している人であれば既読であるだろうが、私の様な一般人にとっては数多のネット上の議論を読むよりはるかに有益である。もし、その分野において長らく読み継がれるべき本を古典というのであれば、この『九品官人法の研究』は既に古典の領域に到達しているように思われる。