M.J.アドラー、C.V.ドーレン『本を読む本』(講談社学術文庫)

本書は読書の方法について伝える本である。勿論、方法というからには技術的な箇所がメインになるのだが、特徴的なのはそれ以上に読者としての心構えが説かれている点だ。表面的に技術論を語るだけなら、1940年代に出版された本書が現在まで読み継がれるということはあるまい。実際、私は過去に速読術に関する本を何冊か購入したこともあるが、その本は全て既に売り払うか廃棄処分して書棚には残っていない。

まず、著者は現在(執筆当時)の状況について次のように語る。

情報過多は、むしろ理解の妨げになることさえある。われわれ現代人は、情報の洪水の中でかえって物事の正しい姿が見えなくなってしまっている。…(中略)…理由の一つは、現代のマス・メディアそのものが、自分の頭でものを考えなくてもよいような仕掛けにできていることである。…(中略)…カセットをプレーヤーにセットする要領で、知的パッケージを自分の頭にポンと投げこめば、あとは必要に応じてボタンを押して再生すればよい。考える必要はなくなったのである。
(「1 読書技術と積極性」p.14~15)

この傾向は今でも変わらない。むしろ、インターネットで検索して必要な回答がすぐ出てくる分、この傾向は更に進んでいるのではなかろうか。読書の目的は自ら情報を取得し、分析し、意見を述べることにある。また精神を成長させることである、とも述べている。勿論、読書には他にも情報取得のための読書、というのもあるが著者が重視しているのはそこではない。

読書には段階がある。その文章の意味を理解し、アウトラインを掴み、著者の意見を理解し、それに対して批評を加える。更にあるテーマに沿って複数の著書を読む場合は、それぞれの論点を整理して比較する。アウトラインを掴む程度で十分とされる本もあれば、入念に分析・批評を加えるに値する本もある。技術論的なところは割愛するが、以下、私がこの本を読んでなるほどその通り、と感じた箇所である。

知識を実用化するためには、知識を行為の規則に作り変えねばならない。「実態を知ること」から、「どうしたら目的に達することができるかを知ること」に移行しなくてはならない。つまり、事実を知ることと、方法を知ることの二つになる。
(「6 本を分類する」p.76)

ふつう、読者は、事実や知識について率直に意見を表明していることを前提に読む。著者個人に対する興味から読む場合はそれでもよいが、本の内容を本当に理解しようとするなら、著者の意見がわかっただけでは十分ではない。「はっきり根拠が示されていない限り、著者の命題は個人的な意見にすぎない」からである。読者は命題を知るだけではなく、「その命題をたてるにいたった理由」を理解しなくてはならない。
(「9 著者の伝えたいことは何か」p.127)

著者の関連知識が不足しているか、誤っているか、論理性に欠けるか、のどれかが立証できない限り、読者には反論する資格はない。「あなたの前提には何も誤りはない。推論にも誤りはない。だが、私としては結論に賛成できない」ということは許されない。それは、結論が「気に入らない」と言っているだけで、反論とは言えない。著者に説得されたのなら、そのことは率直に認めるべきである。
(「11 著者に賛成するか、反論するか」p.169)

著者は読書のことを「一対一の対話」と表現する。対話であるが故にそこには最低限のルールや配慮が存在する。また、何度でも対話するに値する相手もいれば、1回だけで事足りる場合も、そしてそもそも対話する必要すらない相手もある。そのような判断を下す基準は何か。著者は以下のように述べる。

すぐれた書物ほど、読者の努力に応えてくれる。むずかしいすぐれた本は読書術を進歩させてくれ、世界や読者自身について多くを教えてくれるからである。単に知識をふやすだけの、情報を伝える本とは違って、読者にとってむずかしいすぐれた本は、永遠の真実を深く認識できるようになるという意味で読者を賢くしてくれる。
(「15 読書と精神の成長」p.249)

理解が深まり成長すればするほど永遠の真実に近づく、という論述はヘーゲル的な歴史認識を思わせる。が、ここで重要なのはそういう話ではない。読者が多くの良書に触れることで見識を深め、世の中の出来事に対して本質を掴む(という表現が適当なのかはわからないが…)ことが可能になる。冒頭に述べたような、マスコミの提供する知的パッケージをそのまま鵜呑みにして他者の意見に流されることがなくなるだろう。私自身がその境地に達しているとは到底言えないけども、そうなるようには努力しているつもりだ。このblogも半分は読書記録という意味合いがあり、この本の掲げる主題を達成できれば良いな…と思う次第である。

当然、自ら判断せず多数派の意見に乗っかり続け、誰とも衝突しない無難な生き方を選択することも可能だ。その場合は、ここまで深く読書をすることは必要ないだろう。読書に対する姿勢、それはその人の生き方も表すのかも知れない。

金子修一『中国古代皇帝祭祀の研究』(岩波書店)

中国古代皇帝祭祀の研究

中国古代皇帝祭祀の研究

金子修一氏の皇帝祭祀・宗廟制度、即位儀礼に関する論考。あまり類似研究は見掛けない。古代と題する割には唐代までがっちりカバーしているので、人によっては本書の一部分だけしか必要ないかも知れない。私のような三国時代にしか興味ない人とか。

最初に唐代全般の祭祀・宗廟制度を世代毎に区切りながら論じ、次いで後漢時代から魏晋南北朝時代について論考を拡大していく。そして最後に皇帝即位儀礼について論じ、終章でそれまでの論考を総括して終える。

礼制の一部である皇帝祭祀について制度の枠組だけでなく実際の運用まで含めて検討すると、そこには意外に大きな変化の跡が認められた。特に、皇帝=天子の権威の来源に関する郊祀(南郊)に関わる側面に大きな変化があった。
(「終章 郊祀・宗廟及び即位儀礼より見た中国古代皇帝制度の特質」p.575)

著者は一連の研究の総括でこのように述べ、制度の枠組自体は後漢までに一旦成立すると外見上変化がないが、運用上は時代によって変化していることを論じている。また即位儀礼についても

中国の皇帝制は専制君主制であるとよく言われるが、唐に至る即位儀礼の内容は制度的に発展を重ねており、臣下による承認を広く求めるようになる点で、皇帝の恣意は予想外に防がれていたと言うことができる。
(「終章 郊祀・宗廟及び即位儀礼より見た中国古代皇帝制度の特質」p.580)

と述べ、堀敏一氏による皇帝即位儀礼の中に民主的要素を包含するとの見解を紹介しつつ、唐代までの皇帝支配は一方的な皇帝の意思の発動ではなかったと論じる。著者自身が最後に述べているように、今回は祭祀の制度を経学的、制度的観点で論述するに止めており、政治的側面の言及は少ない。著者はこれを今後の課題とも述べており、また違った形での皇帝祭祀の論考が出てくるのか興味深いところではある。

何にせよ、鄭玄・王肅両名の経学の知識は本書を読む際に必須となることだけは間違いない。中々の難物である。

劉重來・徐適端[主編]『《華陽國志》研究』(巴蜀書社)

f:id:tokumoto-shokai:20120209203401j:image:w180:right
《華陽國志》研究』は『華陽國志』のこれまでの中国国内の研究、特に下記の両書(劉琳『華陽国志校注』、仁乃強『華陽国志校補図注』)を土台にして『華陽國志』研究の状況、著者である常據の思想、『華陽國志』で論じられている経済発展状況、文化、民俗、人物を取り上げる。また、付録として『華陽國志』の版本についても論じられ、大変興味深い内容。これら土台となっているのは1985年~2003年頃までにかけて学術誌に発表された論文であり、各章毎に1~2名が分担して執筆している。

 『華陽國志』本文自体は記載されていないため、本書引用の分量から考慮して、本文参照のために劉琳『華陽国志校注』は手元に置いておいた方が良いかもしれない。ただし劉琳は簡体字。繁体字を欲するなら仁乃強の方が良い。
f:id:tokumoto-shokai:20120209203451j:image:w120:leftf:id:tokumoto-shokai:20120209203533j:image:w120:left

王仲牽『金泥玉屑叢考』(中華書局)

f:id:tokumoto-shokai:20120208010300j:image:w360:leftこの『金泥玉屑叢考』は先秦~宋(趙氏)に至までの主要物資の貨幣価値に関して史書などから抜き書きし、ひたすら列挙・分類した代物。ひたすらデータを列挙しているので、通読して面白い代物ではない。何か気になったデータを参照する際に便利。

所謂二次文献の類なので、参照する際には引用元に当たって確認するなどの慎重さはあって良いかもしれない。

E.H.カー『危機の二十年―理想と現実』(岩波文庫)

危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)

危機の二十年――理想と現実 (岩波文庫)

本書は国際政治学の古典とも謂うべき地位を確立している。

本書は1919年から1939年にかけての戦間期20年の国際的な動向を取り扱う。前半の1920年代は国際連盟発足や軍縮会議などユートピア的幻想が幅を利かせていた時代、1930年はそこから一転してリアリズムに突き進む時代である。1920年に幅を利かせていたユートピアニズムは何故崩壊したか。本書では以下のように言及する。

世界大動乱の原因となる不平等とは、すなわち個人間の不平等や階級間の不平等ではなくて、国家間の不平等であった。…(中略)…今日われわれは、マルクスが嘗て社会階級について犯した誤りを繰り返してはならない。つまり、国家を人間社会の究極の集団単位として扱うその愚を犯してはならないのである。
(「第14章 新しい国際秩序への展望」p.429)

国家間の力量が原則として平等でない以上、このような国家間の不満を調停する場合には国際政治上における権力の存在が必要である。すなわち、カーが以下のように定義する超大国の存在である。

新しい国際秩序は、次のような権力単位の上にのみ打ち立てられるのである。すなわちその権力単位とは、群小国家間の対立状況のなかでやむなく一方に与せずともみずからの優位を維持できるほど、十分な統合力の強さをもち合わせているということである。
(「第14章 新しい国際秩序への展望」p.444)

権力者が調停の際に自らの都合のいいように裁定する可能性を是認しながらも、カーは実行力を持たないユートピアニズムよりもましだと判断する。一方で、超大国は無秩序に被支配的な国家に対して要求をして良いわけではない。力を持つ者が何の遠慮もなく権力を行使できるという状態もまた、幻想である。一時的には可能にしても、そのような状態では国際秩序は建設し得ない。今日、中国が新たな超大国として国際政治の舞台に登場しつつあるが、果たして中国は本当にその地位に就くことが可能か否か。アメリカがあっさりその座を譲るようにも思えない。嘗て第一次世界大戦後にイギリスがアメリカに期待しようなことが、果たしてアメリカと中国の間で起こりえるのか。古典的な国際政治学の立場から見て、今日の動向は大きく注目されるべき事態である。

中村喬『中国の食譜』(東洋文庫)

中国の食譜 (東洋文庫)

中国の食譜 (東洋文庫)

中国の食事、とは言っても宋元時代の食事について記載された本を訳したもの。所謂、昔の料理レシピである。

とは言っても、今のような美味しさを追求した本というよりは、精進料理など質素なもの、保存が利くものなどが主である。好きであれば止めないが、実際に作って美味しいかどうかは別である。

分量が正確に記されているもの、そうでないもの。今でも入手できるような食材、又は何を指すかよく分からぬ食材。この本記載全ての料理ができるとは限らないが、若し当時の料理について軽く知りたいのであればこの本を眺めながら実際に作ってみるのも楽しいかも知れない。

谷川道雄『増補 隋唐帝国形成史論』(筑摩書房)

隋唐帝国形成史論

隋唐帝国形成史論

著者である谷川氏は『六朝貴族制研究』の著者である川勝義雄氏ととワンセットで語られるが、実のところ私は谷川氏の著作を読んだことはなかった。偶然にも今日、市立図書館へ立ち寄ったら中国史コーナーに本書が陳列されていた。中国史から見ても重要な著作であることは確かであり、借りて読むのもまた良いのではないか・・・と思った次第である。

さて、まず五胡十六国時代を語る上で重要な先行研究となるのは、内田吟風『匈奴史研究』、それと唐長孺『魏晋南北朝史論叢』であり度々引用されている。西晋は八王の乱・永嘉の乱を経て北部を異民族に奪取されることになったが、その大きな原動力は被支配者層として奴隷的な状況にあった南匈奴が、西晋末の混乱に乗じて匈奴的貴族を中心とした国家樹立という復古運動であったとする。ただし、この復古運動は完全に昔の状況に戻すわけではない。昔ながらの匈奴のあり方は後漢期に実施された南匈奴の征服及び五部族に分割しての統治で崩壊している。この西晋末に起こった南匈奴による国家樹立はその後の漢民族による中国式官制に由来する、と論じる。

その後に成立した慕容氏の燕を含め、著者は匈奴・鮮卑族による国家を

これら国家では帝族の宗室が兵力を分有する傾向があり、そこに軍事的封建制ともいうべきものの存在が指摘される。皇帝権はこうした体制によって大きく掣肘を受けている。特に宗室を代表する人物には強大な兵権が握られ、皇帝権の独裁化を防いでいる。
(第Ⅰ編 第3章「五胡十六国史上における苻堅の位置」)

とその特徴を述べ、中国式の皇帝権力ではなく、彼らの出身である部族連合的な要素がそのまま国家体制に反映されたのであろうと論じている。ただ別の側面として、漢族士大夫を尊重しその官僚機構を受け継いでいる。こうしたバランスの下で匈奴・鮮卑族の政権は成立していたが、皇帝権力の強化を志向してこれらのバランスが崩壊すると、彼らの政権もまた崩壊の方向に転じていった。これを受けて成立した氐族・苻堅率いる前秦も中国伝統の徳治主義政策も相俟って一時は強大な勢力を誇ったが、結局はこの同じ構図を克服することが出来なかった。

この構図を完全に打破するためには諸部族連合的な性格を解消し、府兵制の成立を待たなければならなかった。まず北ギ時代に入ると部落解放が実施され、門閥・賢才主義的な管理制度が整備される。また、北魏時代以降に散見される「城民」や「郷兵」が後の府兵制に結実し、本書ではその概念や成立史を論じている。

以上、本書は特に北朝の動きを制度史的な側面から論述している。本書は1997年に「補編 府兵制国家論」を加えた増補改訂版である。西晋末の混乱で劉淵が自立した後、異民族王朝が如何にして隋唐帝国成立まで制度的な模索を行ってきたかを知るには重要な書物であろうと考える。今日は図書館で借りて読んだが、これは古本屋などで購入し、手元に置いておくべきだと感じた。また改めてこの時代を俯瞰する際の道標としたい。

アダム・スミス『国富論(上)』(日本経済新聞社出版局)

上下2巻に分かれているうちの上巻は、主として基本的な経済理論を取り扱う。所謂「神の見えざる手」と呼ばれる需給関係や、商品の価値についての概念、資本蓄積による社会の発展がメイン。これまでの欧州の歴史を振り返って実例を提示しつつ、経済の仕組みを解説している。基本的には社会に出ていれば凡そ実感することで、この理論を学ぶこと自体に大きな奇異は感じないように思う。例えば需要が供給を上回れば商品価格が上昇し、逆の場合は減少する。商品の交換には経年劣化を起こしにくい硬貨、特に金貨や銀貨が用いられる。大規模な資金のやりとりを円滑に進めるため、銀行は兌換紙幣を発行する。等々。

この『国富論』は文章のみでグラフ等は殆ど出てこないが、実際に内容を理解するためには具体的な数字を追い、紙と鉛筆、又は電卓を片手に考えた方が良いように思う。漠然と文章を追っていくだけでは理解したつもりになるだけで、商品の交換や貿易や利子率による資本の変化などは理解しづらいかも知れない。何かこの『国富論』をサポートする副読本を読むと更なる理解に寄与するだろう。それが何であるかは、今はまだよくわからない。経済の教科書か?とにかく、今回はこの上巻を仕事を終えた後で一気に読み進めたため、現段階では完全な理解とは言えない。このあたりは後日、改めて読み返したい。

今後、中国史を読む上で参考にしておかねばならないのは、中国が伝統的に採用してきた重農主義がもたらす社会発展の度合いである。この重農主義や重商主義については下巻の方に詳しく紹介されている。アダム・スミスの説いたモデルに沿ってむりやり中国の経済状況を説明しよう、等という愚を犯すつもりはない。ただ、未開拓の大地を開墾しながら発展してきた六朝時代を理解するには、この『国富論』で説かれるモデルもまた参考になるのではないか。その辺を少し期待しつつ、下巻を読み進めていきたい。

経済学書を少し読もう

今まで記事を書いていて痛切に感じたのは、私自身が経済学に非常に疎いことだ。興味関心があって経済学の本を読んだことは過去にあったが、殆ど今は役に立っていないと感じざるを得なかった。その為、今週は少し毛色を変えて経済学の本を中心に読んでいき、そして紹介したい。

とはいっても、経済学書は無数にあってきりがないので、現在持っている経済学書を中心に読み直すことにする。私が持っている経済学書は基本的に古典であって、最新理論とかそういう面白いものは何もない。あくまで歴史書を読む上で多少なりとも経済学的な視点で分析を試みることが可能であれば良いな、という小さい希望を満たせればそれで十分である。何も現在の日本の財政政策やEUの金融問題を論じたいわけではない。それとそろそろ30歳になる社会人が経済問題はさっぱりです、というのも少し恥ずかしいという思いもある。

さて、いま私が持っている経済学関係の本は以下の通りである。これっぽっちか、と思われるかも知れないが、さしあたってこれを順次読んでいきたい。

まず最初に着手するのはこの本である。これは以前読んだときにスイスイと読めた記憶がある。今回改めて読み直すことで、経済学的な物の見方を再確認したいと考えている。

有名な経済学書ということで購入したが、当時の私には難解ですぐに読むのを諦めて本棚の奥に眠らせた本である。前評判からして有用であることは聞いているが、今回は改めて読了すべくチャレンジしたい。

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)

資本主義と自由 (日経BPクラシックス)

これは刊行当初、面白そうだったので購入した。確かに読了したが、今思い返すと何も思い出せない。ま、興味がない分野というのは往々にしてそんなものである。今回は概要を把握できるようにしておきたいところ。

ゆたかな社会 決定版 (岩波現代文庫)

ゆたかな社会 決定版 (岩波現代文庫)

大暴落1929 (日経BPクラシックス)

大暴落1929 (日経BPクラシックス)

ガルブレイス氏の書物は読み応えがあったと記憶している。特に『大暴落1929』は土地投機によるバブル発生とその崩壊過程が描かれており、行き場を失った金融資産の動きという面で役に立つと思う。

資本論 第1巻 ? (日経BPクラシックス)

資本論 第1巻 ? (日経BPクラシックス)

実は最近になって買った本。マルクスはこれまで先入観から拒否をしていたが、やはり経済学としては知っておく必要があると考えた次第。読み切ることができるかどうか不安だが、とりあえずチャレンジだけはしておきたい。

加藤隆則『中国社会の見えない掟―潜規則とは何か』(講談社現代新書)

中国社会の見えない掟─潜規則とは何か (講談社現代新書)

中国社会の見えない掟─潜規則とは何か (講談社現代新書)

本書は多様な実例を紹介しながら、中国社会に厳然と存在する潜規則に焦点を当てて論述している。著者は先日紹介した読売新聞中国取材団『メガチャイナ』(中公新書)でも執筆した経験を持つ。

この潜規則を端的に言えば同じ仲間同士で適用される暗黙の了解であり、時にそれは法律の文面よりも重視される。その最たる物は「面子を保つ」ことに対する執心である。中国社会は面子を守ることを大事にする。お互いにそのように配慮することは当然として、面子と面子が衝突した際は大きな面子を守るためには小さい面子は引っ込むのである。この面子が中国社会で大きな影響力を持つ。大きな面子とは即ち警察や官僚の面子であり、社会の調和という名の下に庶民は理不尽を強いられることが屡々なのである。

一方で漢民族に根強い大統一志向・華夷思想は、独立心を持つ少数民族に対して抑圧する方向に力が作用する。著者は

 いつもは政府の宣伝工作を信じない漢族も、民族問題についてはすんなり受け入れる。無神論や華夷思想が少数民族の文化や宗教に対する理解を阻んでいる上、漢族を基準値とする愛国の物差しが、少数民族の権利を飲み込んでしまう。
(第十二章「国旗は漢族のもの」p.240)

と述べ、チベットの指導者であるダライ・ラマに関する事例を通じて中国の少数民族政策を語っている。また、外国人(特に欧米人)は「外賓」として遇され、仲間内で適用される潜規則とは別のルールが適用される。

中国は日本と比べて色々と異なる側面を持つ、と認識するかも知れない。しかし、それは単純に中国が共産党一党独裁体制で民主主義体制とは相容れない社会構造をしているからだ、とかそういう単純な理屈ではない。中国には積み重ねてきた歴史があり、その歴史によって育まれてきた因習が今の潜規則を形成している。魯迅や林語堂が著作で表現した中国人像は今でも適用されうる。一面的に捉えるのではなく、歴史を知り、文化を知ることの積み重ねが異国の社会制度理解の視座を与えるのではなかろうか。